TOP > 社会 > 「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ全国初の試み|【西日本新聞ニュース】

「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ全国初の試み|【西日本新聞ニュース】

33コメント 2020-11-28 11:28  西日本新聞

福岡県は今年5月、性暴力の加害者や自身の性的な問題行動で悩む人を対象とする「性暴力加害者相談窓口」を開設した。性犯...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(33)

『福岡県は今年5月、性暴力の加害者や自身の性的な問題行動で悩む人を対象とする「性暴力加害者相談窓口」を開設した』


この相談窓口良いですね。

加害者になる側も、幼少期の体験が原因だったり、何らかの依存症だったり、様々な問題を抱えている人が多い。
男性を主たる対象としている…と勝手に決め付けて言うけど、行政による“男性の苦悩に寄り添う試み”は、素直に応援したい。
加害者を特殊な人だと切り捨て、排除する社会からは何も生まれない。
誰もが被害者にも加害者にもなりうる。根っこの問題を解決しなければ。

「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ全国初の試み|【西日本新聞ニュース】
これは本当に素晴らしく必要な試みだなあ
「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ全国初の試み | 2ページ目|【西日本新聞ニュース】
「この半年で、自ら性犯罪を思いとどまりたい人や不倫関係に悩む人からの相談があった」

福岡県で、日本初の性暴力加害者相談窓口ができたらしい!違法行為だとしても相談に乗る、と提示してあることで、責められるかもしれない、と相談が難しかった人も踏み出せそう。
物質・精神依存も、自身や家族の身体財産に留まらず人生そのものを損ないかねない根深い病ですが、性依存は多くの被害者を生む。被害防止の為にお金と人手を割く行政の取り組みを支持します。
広がって当たり前になって行くと良いな。
「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ

写真の臨床心理士さん、どことなくゲイのオーラを感じるのは見た目のせいなのかな。
人肌恋しい人からしたら向こうに愛はなくても、こっちは抱かれてるだけで落ちちゃうよね…気持ちはほんとわかる。
福岡の取り組み。

/
新しい試み✨
予防にも役立つなら、こういう取組はどんどんすると共に、実際の加害者には厳罰化を。
性欲強いって心の病ってことなん🤔❓
聞いたことないけどそういう研究もあるのか❓❓
何度も繰り返してるやつは去勢しちゃえばいいじゃん。
この相談員のおにいさんが相手なら、性依存症が治りそうもないわw
痴漢もだろうな
こういう取り組みが全国に広まるといいなぁ
何でも依存症扱いすれば罪も軽くなるし、上手く行けば無罪放免

日本は法治国家ではなくなる
精神科で門前払い…
こういう活動は広げて必要な人に届けていかないと
心理的で無くて、物理的にヤれよ
>福岡県は性暴力加害者や自身の性的な問題行動で悩む人を対象とする「性暴力加害者相談窓口」を開設。犯罪有無にかかわらず相談に応じるのは全国初。

加害者が減ると被害者は減る。全国に広まってほしい。もちろん、被害者ケアの取り組みも同時に。
性暴力や問題行動の背景には「親子関係の不全など幼い頃の心の傷や強いストレス体験がある」。

「依存症は脳の仕組みに要因があり、誰にでも起こる可能性がある。本人の反省や自制心で制御するのは難しい。回復には支えが必要だ」
セフレ合わせて同時期に20人の既婚男性と性的関係だった20代女性、「男性から優しくされるのがうれしかった。セックスは我慢して応じた。自傷行為と同じだった。」
【男性から優しくされるのがうれしかった。セックスは我慢して応じた。自傷行為と同じだった。】

自傷行為か。詳しく知らないな……
暴露宴に使えそうなためになる話。
チーム支援も特筆ポイントかも。
②全面施行された県の性暴力根絶条例に基づく施策の一つ。対象は年齢や性別を問わず内容が違法行為でも相談に応じる。場所は非公開で、相談者には予約時に知らせる。この半年で、自ら性犯罪を思いとどまりたい人や不倫関係に悩む人など30人から問い合わせや相談があった。
土人の時代ならまだしも
科学が発達したこの世に
犯罪者並みの男の性欲なんて要らん
女からしたら大迷惑なだけである
抗酒剤ってあるらしいけど抗性剤もあるんだ。男は犯罪に走るが、女は哀れ。ピル飲んでるけど危険。リスカと同じ感覚みたい。
原因は親兄弟。厳しい親、教師が多い
子どもに対する性的暴行も含まれるのかな。
犯罪だ!厳罰を!って言うのは簡単だけど根本的な解決にはならないかと。
こういった面からのアプローチも大事だと思う。
福岡県で画期的な取り組みが行われています。性依存というと「異性にだらしないだけ」や「性欲が強すぎる人」という誤解も多いです。
しかし放置すると犯罪へ進行することもあり早期に支援に繋がることが大切だと言われています。
ちなみに精神保健福祉士も支援に携わります。
対人関係を円滑にする訓練「ソーシャルスキルトレーニング」や、健全な思考や習慣を身につける認知行動療法に取り組む。

「自分が怖くなった」性依存症の苦悩…犯罪減へ全国初の試み
性依存だけでなく幼少期からの成育環境は人の人格形成やその後の人生に影響するって心理学勉強していくうちに少しづつ理解できるようになってきた
昨日の心理師免許持つ住職さんの動画にも
カウンセリングで「過去の記憶までさかのぼる」ってくだりがあったなぁ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR