TOP > 政治・経済 > 菅首相の著書改訂「公文書重要」バッサリ削除|【西日本新聞ニュース】

菅首相の著書改訂「公文書重要」バッサリ削除|【西日本新聞ニュース】

26コメント 2020-10-21 06:27  西日本新聞

菅義偉首相が2012年の野党時代に刊行した単行本「政治家の覚悟」(文芸春秋)が改訂され、新書として20日、発売され...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(26)

2012年に出版された菅義偉様の著書「政治家の覚悟」は菅様にとって非常に都合の悪い内容が書かれた反日的内容となっている

同士ネトウヨの中で辛うじて本を読む知能がある極一部の者は今すぐ2012年版「政治家の覚悟」の該当箇所を黒塗りにするか焚書しましょう!
新品で価格は800円
アマゾンでは中古で30000円越えに跳ね上がってる
けど
オレは字が読みたいんじゃなくて
首相の頭ン中が知りたいな
これ驚いたよね、どんな理由で削除されたのか伺いたい。
本当に器の小さい人物だ。
そのまま載せてほっとくなり、反論するなりすればいいのに。反政府ゲリラ(メディア・野党)が喜ぶだけ。
編集部のせい?
自著の責任すら取らないの?

―文春新書編集部「総ページ数など全体のバランスを考え、編集部の判断で割愛。特定の文言の削除は意図せず」

削除した上で、後日いきなり公文書改革案件をブチ上げたりしたら、支持率爆上がりで解散突入できますね。
公文書改竄・廃棄の確信犯として「交番の横に貼るポスター」が似合う人相。
分かりやすい恥の上塗り。
> 総ページ数など全体のバランスを考え、編集部の判断で割愛した。特定の文言の削除を意図したものではない

著作者に確認せず無断で消したってことは、編集部そのそのが問題じゃない?

それに対して批判も修正指示もしないあたり、公文書管理はどうでもいいってことだけど。
自分の本に「公文書重要」と書き、当時の民主党政権を責めた菅!その批判部分を自ら削除!森友などで公文書を「改ざん」した重罪の安倍・菅内閣の張本人達は耐えられなかった!国会と記者会見で、原稿無しで言い訳を!公文書は不要?原稿棒読み政治家は、欧米なら通用しない。
汚らしい政党/自民党の総理大臣は、それを上回る汚らしさ!
そんな汚らしい人が総理の日本て‼️
これだもんなー
記録の大事さを
説きし君
記録をバッサリ削除
皮肉なもんだ
!

菅氏2012年著書

公文書重要と叫ぶ!
おいおい!貴方?
信念は一般国民を騙し統制し搾取すること。手段は選ばない。その思いを「令和」と言う元号に込めたということだろう。
編集上の都合、などと、都合のいいことを言ってるんじゃないぞ!
恥という概念はお持ちではないようですね。さすがです。
削除を指示したのは文芸春秋の文春新書編集部?
公文書も同じく、誰が指示したのかが問われているのにはっきりしない。
文藝春秋もグルということで…。
真偽は如何に。
陰湿な部分が徐々に明らかになる菅!
コレはダメじゃね?w
こんなに大事なところを削除したんだ〜  

#スガやめろ
さすがに都合が悪いから削除か。これは自分たちに都合が悪い公文書は残さないという宣言。それを強制されたせいで、赤木さんが自殺に追い込まれたにもかかわらず。腐敗の極致。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR