TOP > 社会 > 運動会練習中にけんか仲裁 教員が小学生の足の骨折る 熊本市|【西日本新聞ニュース】

運動会練習中にけんか仲裁 教員が小学生の足の骨折る 熊本市|【西日本新聞ニュース】

16コメント 2020-10-20 06:29  西日本新聞

熊本市の市立小学校で17日、運動会の練習中に教員が児童に足の骨を折る大けがをさせ、翌日に予定されていた運動会の実施...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(16)

熊本の学校ではよくあることなんよなぁ…
自分が通ってた学校ではブチ切れて生徒の机窓から投げ捨てたり椅子投げつけたりする先生がいたから尚更…
ちょっとの事じゃあ骨折なんてしませんよ?どうなってるの?
なんというーか、、
うゔゔうん〜、、!!て感じ
ひどい。(´・ω・`)
結果で公表するかどーか検討する。ッてナニ?
公表前提でナイのか。
運動会の練習中にけんか
暫くは教員がターゲットの模様です。

全国の教員は身を正すか、
身を隠して下さい。
kwsk

運動会の練習中にけんか
これはどんな意味のニュースかね?ケンカの仲裁に入らなかったらよかったってニュース?→運動会の練習中にけんか
パワー仲裁
凄いですね今時のは。
昔からかも知れませんが。誠に遺憾。
結果次第では公表しないんだ?理由の如何に関わらず公表しないと親は納得しないんじゃ?
子供の喧嘩の仲裁も出来ない素人を養成してる教員養成課程!日本の洗脳教育システムを見直せよ!学徒出陣させて反省しなかった文部省!名前に科学が付いても科学的で無い!
こんなに意味不明な記事もそうないな。
けんかを仲裁して、「足の小指でも折って詫びしめせや」みたいな裁定をしたってこと?
最近の教員は、足やら背中の骨を折るのが好きなの?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR