TOP > 社会 > 公費負担9650万円波紋 最高額に賛否交錯 17日の中曽根元首相合同葬|【西日本新聞ニュース】

公費負担9650万円波紋 最高額に賛否交錯 17日の中曽根元首相合同葬|【西日本新聞ニュース】

10コメント 2020-10-04 06:35  西日本新聞

内閣と自民党による故中曽根康弘元首相の合同葬を巡り、費用が妥当かどうかの議論が起きている。総額2億円弱の半分は公費...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(10)

@TS5gtBqTaBqqf0c @etude6635 @Andrea127601 会場費だけで6000万とか?じゃなかったかな。グランドプリンスホテル新高輪。9600万はあくまでも予算の予備費を使い込んでる。
誰が中曽根を崇拝しているのか?
カルト教団自民党日本会議はイカレテル
中曽根元首相の党合同葬。無駄遣いの批判が絶えないようですが、佐藤栄作以降に長期政権を築いた数少ない総理総裁の一人で、過去の前例+コロナ対応費まで考えれば、数千万円の差は致し方ない気がします。金額よりも、元首相の葬儀について公的ルールが無いことの方が問題。
税金の無駄遣い、9650万円でどれだけの人を救えるか考えた事がありますか、自民党議員の皆さん。
党費や自民党党員の寄付でやれば良いでしょう。税金は、此れからの人に使いましょう。
過年度の費用と単純比較しても、物価も人件費も違うんだから。
今年度の費用にしてから比較しないと無意味。
これこそ公費負担は違法
自民の有志でやれ💢
この額に怒りが込み上げ、唖然しています🤦‍♂️
葬式無用 戒名無用 立派な遺言ですね!?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR