TOP > 政治・経済 > ある政治記者の現場復帰|【西日本新聞ニュース】

ある政治記者の現場復帰|【西日本新聞ニュース】

36コメント 2020-09-20 13:36  西日本新聞

菅義偉氏が第99代の首相に就任した。メディアはたたき上げとかパンケーキ好きとか、ご祝儀相場的な報道に余念がないが、...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(36)

んなこと言って、菅総理のオフレコパンケーキ会には出席したっぽい。残念。
南記者「「政府があらゆる記録を克明に残すのは当然。作成を怠ったことは国民への背信行為」と本に記していた政治家はどなたかご存じですか」。菅官房長官「知りません」。南記者「官房長官の著作です」「政治家が自らの発言に対していかに無責任であるか、瞬時に浮き彫りに」
さういへば他でも聞いた話だけど総理番は「若手のポスト」なんださうで。その辺にメディアと権力の関係が詠めるところありますよね。:
南彰-朝日新聞政治部
朝日新聞の南彰記者が現場に戻られるのですね。楽しみ。

西日本新聞「ある政治記者の現場復帰」
覚えとこ
政局ばかり追うと相手に取り込まれる。政局だけではなく国会論議の中身を掘り下げ、ファクトチェック
「政治家が自らの発言に対していかに無責任であるか、これほど瞬時に浮き彫りにしたやりとりも珍しい。菅氏はその場では平静を装ったが、しばらくは番記者の取材にも応じないほど激怒したとされる」
素晴らしい記事。

すっかり失念してたけど、管氏といえば記者会見でのアレだよね、って思い出した٩( 'ω' )و
モリカケ時の会見

記者「『政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録とはその最も基本的な資料。その作成を怠ったことは国民への背信行為だ』と著書に書いた政治家はどなたかご存じですか」

スガ官房長官「(そっけなく)知りません」

記者「官房長官の本です」
「ある政治家が『政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録とはその最も基本的な資料。その作成を怠ったことは国民への背信行為だ』とおっしゃっている。その発言を本に記されていたのはどなたか、ご存じですか」
良い記事だった。このくらいの話を飲み込んで消化するくらい出来た自民党であって欲しい。
『菅氏はその場では平静を装ったが、しばらくは番記者の取材にも応じないほど激怒したとされる。』
「都合の悪い質問は「全く問題はない」「指摘は当たらない」と理由も示さず切り捨てるのが「菅流会見術」である。」
メディアはもうダメだと思い知らされる毎日の中。
期待してます!
ブロック紙には全国紙にない良い記事が載ることが多い。この記事も菅首相の本質を描く鋭い記事。会社を超えたジャーナリストの連帯に期待。
南彰「ある政治家が『政府があらゆる記録を克明に残すのは当然、議事録とはその最も基本的な資料。作成を怠ったことは国民への背信行為だ』と。その発言はどなたか、ご存じですか」

菅官房長官「(そっけなく)知りません」

南彰「官房長官の著作に書かれているんですが」
これで激怒したなら、菅総理の度量とは。

〉記者「ある政治家が『政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録とはその最も基本的な資料。その作成を怠ったことは国民への背信行為だ』とおっしゃっている。その発言を本に記されていたのはどなたか、ご存じですか」
政治記者が何をすべきなのかを示す良記事。それにしても他社の記者を実名で誉めるなんてスゴい
南彰氏の現場復帰に👏👏👏
風穴開けてほしい!
菅義偉さんが自著で議事録の重要さを述べた箇所を読み上げ、あの質問したのが南彰さんであり、
南さんが9月に国会キャップとして戻ってきたのを知る。
期待大大大。
そうか。菅官房長官会見で菅氏の著作の記述を引いて安倍政権の公文書管理の姿勢に切り込んだ質問をしたのは南彰記者だったのか。
朝日新聞政治部キャップ「(政局だけでなく)国会論議の中身を掘り下げ、ファクトチェックをして、問題を提起」って、それをわかっているなら、全紙面で毎日実行してください、朝日新聞 @asahi_kantei 様、南彰 @MINAMIAKIRA55 様。 -->
朝日新聞の南彰記者(@MINAMIAKIRA55)の政治部復帰に期待しています。この言葉、すごく重要だと思う。

『政局ばかり追うと相手に取り込まれる。国会論議の中身を掘り下げ、ファクトチェックをして、問題提起していきたい。これからの政治報道に求められるのはそこだと思う』
地方の新聞の方が情報を正確に出す!朝日の南さん
南氏の言葉には、ジャーナリズムの誠実さを感じる。
応援したい。

→政局ばかり追うと相手に取り込まれる。政局だけではなく国会論議の中身を掘り下げ、ファクトチェック(発言の内容が事実かどうかチェックすること)をして、問題を提起していきたい。
菅首相記者会見での女性記者の果敢な質問といい、
#西日本新聞 いいね♡
スガってやっぱ権力を握るに従って自分を省みるということができなくなっていったんだな。ま、人間は弱い生き物だからな。自分の悪いところを反省するとか、できればしたくないもん

菅氏はその場では平静を装ったが、しばらくは番記者の取材にも応じないほど激怒したとされる
だからこそ記者の質問には事実を投げかける長い前段が大事だという好例だが、スガ官邸も自分に都合の悪い質問を排除しようとする。-
>国会取材を仕切る国会キャップに落ち着いた。
これまでの国会キャップはどんな人物だったのだろう。
《安倍政権はメディアを選別することで報道のコントロールを図った。菅氏もその中心人物だ。都合の悪い質問は「全く問題はない」「指摘は当たらない」と理由も示さず切り捨てるのが「菅流会見術」である。どこまで押し返せるか。攻防は次のラウンドに入った。》
「国会取材を仕切る国会キャップに落ち着いた。今度は国会内の記者席から菅氏の発言をチェックすることになる。」
新聞労連南委員長 @MINAMIAKIRA55 が現場復帰されたことを紹介する記事。
ファクトチェックじゃなくて証拠捏造してくるからマスコミは信用に値しない
足で稼ぐ時代はまだまだこれからだ
朝日の南氏にエールを送っているのは、色々な意味で、スゴいと思う。
政治家が自らの発言に対していかに無責任であるか、これほど瞬時に浮き彫りにしたやりとりも珍しい。
菅義偉官房長官はその場では平静を装ったが、しばらくは番記者の取材にも応じないほど激怒したとされる。🙄

器が小さい上に貧相で貧乏臭いんだよ🤪🤣🤣🤣w
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR