TOP > 社会 > コロナ禍の大学生、悩み深刻 九大4割が孤独感、APU6割「困っている」|【西日本新聞ニュース】

コロナ禍の大学生、悩み深刻 九大4割が孤独感、APU6割「困っている」|【西日本新聞ニュース】

15コメント 2020-09-19 07:14  西日本新聞

識者「対面授業増やせる」新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、大学ではオンラインによる遠隔授業が中心となり、学生が...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(15)

新一年生の女子学生ばかり鬱になってるみたいは印象の記事。

大学に友達できないのは可哀想だが、高校の友達と電話やラインで話せばいいのにと思うのだが。zoomでも話せるし。
だからこの手の話を、大学が悪いかのように描くのはよせって。
やはり1年次から大学への期待は学業に対してじゃないのが本音よね。
「食欲がなくなり、やる気が湧かなくなった」。新生活を始めたものの大学に行ったのは4回。自宅で過ごす日々が続き5月に重度の胃炎と診断。原因はストレス。「サークルとバイトとの日々を描いていたのに…」
九大生4割が「孤独感」
APU大6割が「困ってる」

一方、各大学の
学長、教授、職員の
9割以上が
「別に何とも思ってない」
     、、、?
今、東京を含めたgotoキャンペーンやライブ・スポーツ観戦の規制も緩められました。しかし大学生は大学に入れない。
子供達のこんな状況を感じていて、多くの保護者が黙ってられるわけない。子供達のこんな状況で、学費の満額請求を気持ちよくできるわけない。
孤独を感じる若者に手を差し伸べることも出来ない社会は、衰退するのみです / (西日本新聞)
オンライン授業で孤独を感じるのは分かるな〜。友達と飲みに行ったりしたいもんな〜。でも、通学しないメリットが大きいから何とも言えないな。週に1日だけでも通えるようになったから良かったかなと思う
▼友達に、画面越しでしか会えない…そりゃ寂しいよなぁ

もし現在、私が大学生で、オンラインでしか授業が行われなかったら。

「自主休講」にして友人とファミレスやカラオケにつるんだあの午後のひとときとか、初めて...
大学生が徐々に深刻さを増しているね…。大きくは、金銭面と対人面…。金銭面は、大学がこれまでと同じ価値を提供してないならば、シンプルに相応の授業料に改定し、返金すべき…。対人面は、賛否あるが、部活・サーク...
来週、今年度はじめて教室で学生に会うことになる。
学生たちがどんな表情でやってくるかが少し心配。
---
擦れた言いかたになりますが、自分の場合はコロナ関係なかったり。

あんまり言わないほうが良さげですけどね。
そもそも考えたら良くないッポイ
勉強するだけならオンラインでも割と平気だと思う。

でも、勉強以外はやっぱ通学しないとダメだよね…

いずれにせよ、本人が選んだわけでもないのに通えないのはかわいそうです🤔
福岡の西日本新聞さんが大学生の現況を記事にしてくださいました。
何か出来ることがあるならば支援したいですね。某氏のようにばらまくことはかないませんが。 / (西日本新聞)
「「対面より質が下がっている授業が大半。学内の設備も利用できないのに学費が変わらないのは納得できず、一部でも返してほしい」などと不満が募る。」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR