TOP > 社会 > パチンコ休業要請、大分県が一部解除へ 徹底した感染防止策条件|【西日本新聞ニュース】

パチンコ休業要請、大分県が一部解除へ 徹底した感染防止策条件|【西日本新聞ニュース】

11コメント 2020-05-05 08:04  西日本新聞

緊急事態宣言が全国一律で31日まで延長された4日、大分県はパチンコ店などに出していた休業要請の条件付き解除を決めた...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(11)

・・・え、このご時世にこれはあかんのちゃう?(^ω^;);););)
頼むからやめてくれ…
要は、反社のおんせん県なんですね。🙌広瀬勝貞、あんたは県民を舐めている反社の人です。
パチンコ屋、休業要請一部解除大分県。

山口県は10日まで延長。

佐賀県は7日から解除。

鹿児島も延長4業種にパチンコ屋がないので7日から解除だと思われ。

宮崎県は11日から解除。

長崎もおそらく7日解除、または20日解除。
大分に帰省してエヴァでジャグ連させるかぁ~
118日目

大分県はパチンコ屋の営業自粛を条件付きで国の緊急事態宣言解除前に許可するらしい

パチンコ勢力が強そうな県ですな
大分の「分」もパチンコのヘソっぽいし
@sousou7777
県によって対応変わりそうだけれども、福岡以外は足並み揃う可能性も……?
感染対策して営業できる道を作る。よかこってすばい
まさかのパチンコ屋から規制解除
大分始まったな
広瀬勝貞知事は「『県外客お断り』の旗を立てたり、パチンコ台の間隔を空けたりしている店も多いと聞く。感染拡大リスクが抑えられる場合は再開してもよいだろう」と語った。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR