TOP > 社会 > 過剰ノルマ、死選んだ夫 自腹で年賀状、ゆうパック 配達員の妻訴え|【西日本新聞ニュース】

過剰ノルマ、死選んだ夫 自腹で年賀状、ゆうパック 配達員の妻訴え|【西日本新聞ニュース】

「夫の死を無駄にしないでほしい」。9日、大阪市内であった郵便局員有志による集会。マイクを握った埼玉県の女性(52)...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュースを提供します。...

ツイッターのコメント(35)

嵐CM見ると、もう無理でしょ、使用枚数の回復はないのに、って頭によぎります。CMそのものが辛い。
郵便配達の方が、年賀状の営業にいらした。
これまでは郵便物にチラシが挟まる程度だったのに、
わざわざ回っている様子。
窓口利用すると保険やらギフトやらを勧められるし、
あの業界も、なかなか大変だな・・・
現役当時、支社管内の東西南北の方位が付く郵便局は過酷だった。
ウチのいたとこは、故意に定員足りない状態で回していたため労災頻発。
余りに多いので、ケガした時は保険証使わせて病院労災隠ししてた。
胸が締め付けられるなぁ…😭 生きる為に働きに行っているのにそこで死ななければならなくなるとはホンマになんとも…

” 配達員の妻訴え”
声をあげられない人が、たくさんいる。今の政治の弊害。
いつまで続くんだか

過剰ノルマ、死を選んだ郵便局員  (西日本新聞)
過剰ノルマ、死を選んだ郵便局員  (西日本新聞)
亡くなった翌日、自宅に荷物が届いた。差出人は夫。自腹で購入したゆうパックの商品だった。「何でここまでしないといけなかったの」。女性は受け取りのサインを書きながら、涙が止まらなかった。
配達員の妻訴え。 毎年、年賀はがき7千~8千枚の販売ノルマが課せられた。自宅には、自腹で購入した年賀はがきが山積みになっていた。歳暮や中元、母の日…。歳事のたびにゆうパック商品も購入。
この会社は鬱になる人、自死を選ぶ人が多い。
私が働いていたときも、管理者も含め、たくさん鬱になったり、飛び降りたり首を括ったとの知らせは何度もあった。

民営化した後が特に多かった記憶。
無能な人が上司だと最悪 無能だから無能がわからない 頭は使う為に付いてるのにね>>
“職場では残業を減らすよう求められたが、慣れない道で配達が思うように進まないと悩んでいた。交通事故などのミスを起こした局員は「お立ち台」と呼ばれる台に上がり、数百人の局員の前で謝罪させられた”
常に組織の末端に過剰な負担が強いられるヒエラルキー構造など、創価学会と何一つ変わらない。
「やる気がないの人だっ4」「営業が下手なな奴だった」「他の人はやれているから問題ない」で済む業界だし仕方ない(諦め) 役員報酬維持しなきゃ組織壊れる恐れあるしな
俺なら自殺する覚悟があるなら社長やら幹部やら討伐しに行くわ。必殺仕事人ばりにな。
日本郵便だけでなく宅配業界の闇だよな

単純に家庭に宅配する量も増えてるのにサービス営業だからと顧客から受注を受けろとかノルマが有ったりするけど営業の時間も無いし、受注も顧客次第だしな
こんな会社で働きたくないな。
行き過ぎたノルマは不幸しか産まないのは常識だ

しかも年賀状ノルマって頭悪すぎ。競争相手おらず全体のパイの大きさ決まってる。ノルマ課すだけムダ。

まあ馬鹿な経営者は、表舞台から消えるべき
@KyoHim そうなんですか。。。
お母様悪くないのに。。。

で、郵便局員にも真面目な人もいるのに。
残念です。
生真面目すぎる人、ストレスで(やばい)と自分自身で気づけない人は、自分が壊れる前に仕事を辞めなければいけない。死を選択する前に、辞める勇気が必要なのだと思います。
毎年、年賀はがき7千~8千枚の販売ノルマが課せられた。金券ショップに転売する同僚もいたが、転売は禁止されており、真面目な夫は「俺にはできない」。自宅には、自腹で購入した年賀はがきが山積みになっていた。

 自腹で年賀状
日本を乱す悪徳巨大組織JPは破壊するしかないねえ。

 配達員の妻訴え|【西日本新聞ニュース】 -
なんともやりきれんな~…早めに逃げられた人が助かるってことか… → 自殺した翌日に届いたのは自腹購入の商品.
年賀状って時代じゃないってわかっていても虎の子年賀状を売りつづける郵政。
メリットが無いものにお金も時間もかけたく無い消費者。
社員が気の毒すぎる…
サイコパスだけが生き残れる>

「ミスを起こした局員は「お立ち台」と呼ばれる台に上がり、数百人の局員の前で謝罪」
「年賀はがき7千~8千枚の販売ノルマ・・・自宅には、自腹で購入した年賀はがきが山積」
「歳暮や中元、母の日…。歳事のたびにゆうパック商品も購入」
こわ…。運送会社とかだけじゃなくて郵政もこんなことあるのか…。/
娘は某大手スーパー
息子は某大手コンビニ
ウナギ、クリスマスケーキ、おせち、恵方巻き
ただそこで働いているだけなのに、いりもしないのに買わされていた。
西日本新聞

( ・ิω・ิ)・・・
「精神的に追い込まれていたから」などの反論はあるのだろうけど、傾向でなければ転職を考えるよ。

2019/11/17
真っ黒…  自殺した配達員の妻訴え
《今年3月に局内で自殺した関西の男性配達員=当時(29)=の問題が話し合われた。同僚の局員によると、男性は上司から業務上のミスについてたびたび叱責(しっせき)され、自殺直前に交通事故を起こしていた…「社員を追い詰める会社の体質は、全く変わっていない》
以上
 

いま話題のニュース

PR