TOP > 社会 > 現実離れのノルマなお かんぽ不正販売 発覚後も現場に圧力|【西日本新聞ニュース】

現実離れのノルマなお かんぽ不正販売 発覚後も現場に圧力|【西日本新聞ニュース】

かんぽ生命保険を巡る一連の不正販売問題は10日、日本郵便とかんぽ生命の両社長が謝罪に追い込まれる事態に発展した。両...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュースを提供します。...

ツイッターのコメント(28)

関東地方の局員は「不正販売をしないよう指示があるたびに、新たな抜け道が生み出されてきた。今回も、いたちごっこになるだけではないか」と懸念。(本文より)

ブラック企業…かな??
ノルマとか関係なく、やってること詐欺じゃんw 普通に逮捕なんじゃないの
・悪質な販売をした方が評価される会社
・民営化後、収益一辺倒になって顧客本位の姿勢を忘れてしまった
・局員を不正営業に追い込む体質
「新しい保険の契約から7カ月後に旧保険を解約する「後7」が社内で問題視されるようになると、解約時期を1年半後に延ばす手口が横行。…「7カ月後の解約なら不正と疑われるが、二重払いの期間を1年半後に延ばせば『優良契約』になる。」
これだけの数の不正営業
社員をここまで追い詰めたのは何か?

すべてが単なる渉外社員の手当て目的なわけがない

人間なんだよ
そうするしかないまでに
追い詰めたのは何だ
具体的内容はよくわからないが,業績指標の問題の背後には,トップ含めてゆがんだ企業文化が根強くあるのかも。
ヤベ~なこれ
「郵便局なら安心」なんて時代は終焉を迎えてしまった。自浄作用もなさそうなので近寄らないようにしようっと。
かんぽがそうなら、JA共済もじゃない?自爆営業は禁止しないとね。
かんぽがニュースになってるけど、ゆうちょ銀行の投信勧誘もエグイよ。
他局に転勤した職員が上司連れてやってきて、家族の立ち合いないまま老母が強引に契約させられたよ。
これも問題の根源は郵政民営化、小泉純一郎と竹中平蔵の罪なのかねぇ・・・
乗り換え契約時、顧客に旧保険の解約を遅らせることを告げず、新規契約は1年分の保険料を一括で支払うよう促す。確かに1年分一括だとどこで切り替えたかわかりにくい。
かんぽ生命に限らず日本の会社は人に対する尊厳が無い 相手の立場に立つ考えは皆無 ただただノルマのみ
かんぽ生命の不正契約問題。同僚記者がずっと地道に取材を続けてきました。 には昨日の会見後も続々と声が寄せられています。
年賀はがき、かもめーるノルマ問題を鑑みれば、個人の不正ではなく組織ぐるみなのは明白>「あと2件アポ取れるまでは社員にも負荷をかけてください」二重払い問題発覚後の8日、大阪府の郵便局幹部にメールが届いた / “ 発覚後も現場…”
ブラック企業か、政府は働き方改革指導を。
多くの顧客が必要なのはそんな糞保険より
配達人の方々 現場をこれ以上疲弊させんな糞上層部
1年ばかり役員全員の給料を「ハガキの現物支給(冬は年賀状、夏は暑中見舞い)」にしてみようや。
人に無茶なノルマを課す会社の長たち、全部売ってくるだろうよ。
特殊詐欺連中よりタチ悪い。労基も査察したらいい...詐欺罪で加担した社員は逮捕しろ( ゚Д゚)
悪質な保険不正販売、郵便局員によるストーカー行為…郵便局員には国民に信頼されるような仕事をしていただきたいです。

-
西日本新聞が報道してきたかんぽ生命の問題は、社長が不正を認めて謝罪する事態に。社員や元社員の声からは問題の根深さがうかがえます。
かんぽ生命保険を巡る不正販売問題は、日本郵便とかんぽ生命の社長が謝罪に追い込まれる事態に発展しました。現場では、問題発覚後も厳しいノルマが課され続けています。長年にわたり地域に親しまれてきた郵便局は、顧客の信頼を取り戻せるのでしょうか。
ここまでやっても潰れないのかな?
世の中大丈夫?
何でこんなくだらない事をするのか?倫理観はどこに?
かんぽ生命保険を巡る一連の不正販売問題は10日、日本郵便とかんぽ生命の両社長が謝罪に追い込まれる事態に発展しました
かんぽ報道読むなら西日本新聞。
以上
 

いま話題のニュース

PR