TOP > 社会 > 「悲しい現場、もう見たくない」女性消防士が白バイ隊員に 決意の転職|【西日本新聞ニュース】

「悲しい現場、もう見たくない」女性消防士が白バイ隊員に 決意の転職|【西日本新聞ニュース】

「交通事故は起きてからでは遅い。悲しい現場はもう見たくない」‐。福岡県警久留米署交通第1課の嘉場悠(よしばはるか)...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュースを提供します。...

ツイッターのコメント(11)

原付ばかり取り締まって楽をせず
バス停付近の違法駐車や駅前付近の違法駐車の取締りに全力を尽くして下さい‼️
公共交通や駐車場が儲かるようにするには交通機動隊が世の中の為に働く事だ‼️
消防士から白バイ隊員へ。宮原部長の様だ。「逃げたり抵抗したりする違反者もいる。でも伝えたい。『あなたの人生を守りたいから取り締まるのだ』と」 @
カッコええ転職やな
いい記事やわ
素晴らしい、警察内の仕事でも一番なるのが難しい部門。前職がまた凄い。
素晴らしい、これからも前職が生かされるでしょう。
この記事読んで、全国で交通違反して追跡から逃れようとしてる全逃走車に知ってほしい。と思った。
人生終わってからでは遅いよ、と、
「対処・治療」から「予防」へ。すてきだと思う


彼女を突き動かした使命感

敬意を表します。

どうせ中に入ったら、
点数稼ぎに精を出してるんだろうね。
純粋にすごい尊敬する。
かっこええ
以上
 

いま話題のニュース

PR