TOP > 社会 > 「女性は時間なく 男性は居場所なし」 社会的役割見直しを 社会学者 水無田気流さん講演|【西日本新聞ニュース】

「女性は時間なく 男性は居場所なし」 社会的役割見直しを 社会学者 水無田気流さん講演|【西日本新聞ニュース】

19コメント 2021-01-01 03:42  西日本新聞

日本社会の生きづらさに光を当てる詩人で社会学者の水無田気流(みなしたきりう)さんが6月、福岡市内で講演した。誰もが...|西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるニュースサイトです。九州・...

ツイッターのコメント(19)

「共働き世帯の仕事と家事を合わせた労働時間は、男性が1日平均9時間42分、女性が同9時間56分。長時間労働は男性に限った話ではない。」
「女性を企業のメンバーに、男性を家庭や地域社会のメンバーに」
安心した…私のミスリードだった…
社会学者の人は政府の出したあのグラフ年表を皮肉って超人って言って批判する方の立場だったのね
「問題はさまざまな意思決定の場に女性がいないこと。女性の声を反映させる必要がある」
アートメイクを医師法で括る通達を作った時もその場に女性はいなかったと想像できる.アートメイクアーティストの意見は聞いていない.アートメイクを利用しているサロンのお客様の声も
現実味がなさすぎる。が、それを問題視してるだけまだマシな記事なのかな。妊活を思い立って2.3ヶ月で授かったら妊活したうちに入るのか疑問。
あー、女性活躍推進法を批判する文脈か。
アーリア超人を求める社会へ
水無田気流さん講演 「政府目標は女性超人化」 男性には12時間労働で超人化を図るのかな。
まじでこんな記事があったんで虚構新聞ネタでもないのか……
「日本女性超人化計画」って女性活躍推進法の非現実性を批判する意図で発せられた名称なのか。
/ 超人化の元ネタこれか。いやほんと「超人」求めてる状況のくせに選択的夫婦別姓は認めないとかふざけすぎだよな。
>女性は既に活躍している。「問題はさまざまな意思決定の場に女性がいないこと
>仕事にまい進する結果、男性は地域や家庭に「居場所」がなく、社会的孤立に陥りやすい
 水無田気流さん講演
ああ皮肉の文脈だったのか。しかも2016年。

"女性活躍推進法は「日本女性超人化計画」-。4月に施行された同法を、水無田さんはこう表現した。政府が描く女性像があまりに非現実的だからだ"
まぁこれは大きな問題だよなぁ
日本女性超人化計画の元ネタはこれか。まあ確かに日本ヤバイ😑
女性ガーというより社会全体が変化していくべきかと。
リンク切れ失礼しました。
政策を皮肉った表だったのね。
日本女性超人化計画は脊髄が敏感に反射しちゃうけど、こっちを先に読まないとダメなんだ。
びっくりした…皮肉なのね。
本気でやるのかとw
自民党だったらやりかねないからな…
TLに流れてきた「日本女性超人化計画」なる文字列に心をざわつかせていたのだけど、なるほど問題提起としてはたいへん鋭い表現なのだった。記事は2016年。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR