21年衆議院選挙は「合憲」 1票の格差訴訟で最高裁大法廷: 日本経済新聞

17コメント 2023-01-25 15:08|日本経済新聞

「1票の格差」が最大2.08倍だった2021年10月の衆院選は違憲だとして、2つの弁護士グループが選挙無効を求めた計16...

ツイッターのコメント(17)

これは面白い
まあ違憲て言われてもどうしようもないけど
「高裁段階の判断が割れるなか、国会の是正の取り組みを評価する司法判断となった」。10増10減をやることが前提。
この一票の格差裁判が周期性のある行事と化しているのは問題だと思う。過疎化した地方は、権利が得られないなら義務も果たさなくなるし、分離独立しても文句は言え無くなるんでないのかね。
違憲に決まってる👻🤷。
民主主義と司法の理念を忘れた最高裁判官。政治家の狗ってことね🤭

 1票の格差訴訟で最高裁大法廷
アダムズ方式が合憲の理由です。
反動判決は許さないぞ!
いつものとおりお国のケツノアナを舐めることしかしない我が国の司法です。
一票の格差を突き詰めていくと都市選出の議員だらけに→都市優遇の政策ばかり行われる→ますます都市一極集中が加速というスパイラルになりかねないような気がするので、これは小手先じゃなくてもっと本質的な議論をしたほうが良いと思う。
メモ。
1票の格差が最大2.08倍だった2021年10月の衆院選は違憲だとして、弁護士グループが選挙無効を求めた計16件の訴訟の上告審判決で、最高裁は25日、「合憲」との統一判断を示しました。最高裁が衆院選の格差を合憲としたのは、格差が1.98倍だった17年衆院選に続き2回連続です。
うーん、どうなんですかねえ。
改正公選法の施行という制度上の前進はあったけれど、憲法判断の対象はそれ以前に施行された選挙ですからねえ、違憲状態という判決のほうが合理性はありそうですけどねえ。
まあそうだろうなあ
2倍超だが、合憲の範囲との判断でした。
21年衆議院選挙は「合憲」1票の格差訴訟で最高裁(日経新聞)
1票の格差訴訟で最高裁大法廷
以上
 
PR
PR