建設石綿、国と企業の責任認める 最高裁が統一判断: 日本経済新聞

建設現場でアスベスト(石綿)を吸って健康被害を受けた元建設作業員や遺族らが起こした4件の損害賠償訴訟で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は17日、国が対策を怠ったと認定し国の賠償責任を認める統一判断...

ツイッターのコメント(11)

闘って切り拓いた。
東京、横浜、京都、大阪の各地裁に起こされた4訴訟。
原告約500人のうち約340人の方が亡くなっておられます。
>建設アスベスト訴訟で最高裁が判決を出すのは初めて。石綿被害への対応策を検討してきた与党プロジェクトチーム(PT)は、最大1300万円の和解金の支払いなどを柱とする救済措置案を検討している。今後、国と弁護団などが救済枠組みの導入に向けて協議を進めるとみられる。
建設現場でアスベスト(石綿)を吸って健康被害を受けた元建設作業員らが起こした4件の損害賠償訴訟で、最高裁第1小法廷は17日、国が対策を怠ったと認定し国の賠償責任を認める統一判断を示しました。「一人親方」と呼ばれる個人事業主も救済対象としました。
最高裁が統一判断:日本経済新聞
万能材料として建材では相当量が使用されたので、使われた状態で全国に存在する。これから解体を迎え注意を要するところだろうが過度な対策や中途半端な報道はアスベスト処理を余計に難しくする。
建設石綿、国と企業の責任認める最高裁が統一判断(日経新聞)
「「一人親方」と呼ばれる個人事業主も救済対象となるとして、国などに対応を求めた。メーカーの責任も認めた。」
対象となった元作業員の8割に当たる約340人は亡くなっている。 最高裁が統一判断:日本経済新聞
これは大変な判決が出た
最高裁が統一判断
国の賠償責任認める 建設石綿訴訟、最高裁が統一判断:
以上
 

 
PR