明治時代の日本は「夫婦別姓」? 歴史や法律をおさらい: 日本経済新聞

結婚するときに、夫婦で同姓にするか別姓にするかを選べる「選択的夫婦別姓」制度。公明党や立憲民主党が次期衆院選で導入を公約に掲げるなど、制度への関心が高まっている。4日に岸田文雄氏が首相に就任した自民党...

ツイッターのコメント(15)

歴史や法律をおさらい:日本経済新聞 愛着じゃなくて執着ですよね。
歴史や法律をおさらい
「1898年(明治31年)の民法(旧法)成立で、夫婦ともに「家」の姓を称することを通じて「夫婦同姓」になるという考え方が採用された。これが夫婦同姓の始まりだ。
今回の選挙でも注視すべき論点の一つ。

 歴史や法律をおさらい:日本経済新聞
読まねば!!
「なんとなく」反対派も「なんとなく」賛成派も、根本から知ると、新しい視点で考えられるようになるんじゃないかな。
イチから分かる選択的夫婦別姓(1) 歴史や法律をおさらい|日本経済新聞
夫婦別姓的记事。有意思的看点:日本至江户时代(19世纪中后期)平民仍然是不允许拥有姓名的,原文:“許されなかった”。这距离陈涉在大泽乡喊出千古流传的口号已有两千年。日本对于历史观的迷思中,最重要的就是人民群众的缺失。因此容易放大偶然和个体因素,缺乏客观规律认识。
実名アカウントではできるだけ主張の強い内容は控えていますが…
日常生活の99%以上を旧姓で通している身としては、改姓は本当にデメリットしかないです。
経済界は賛成派が多いと思うので、どんどんプッシュしていただきたい…!
夫婦別姓は日本の伝統、などの議論がありますが、実は明治初期は別姓でした。
日経電子版で がイチからわかる連載が始まった模様です!
これは要チェック🔍
【抜粋】
江戸時代は、武士など一部を除いて平民は姓を使うのを許されなかった。
明治9年の太政官指令により、妻は「実家の姓」を用いることとされた。しかし、これが守られず、妻が夫の姓を↓
日経Think!今日はこの記事にコメントしました。
日本にも「夫婦別姓」だった時期があった? 

次期衆院選を前に制度への関心が高まる「選択的夫婦別姓」。よく耳にする言葉ですが、詳細についてはよく知らない人も多いのではないでしょうか。
たまに呟くけど「選択的夫婦(親子)別姓」と国民総背番号を抱き合わせで国家・自治体が直接に国民個人を管理(監視?)する全体主義的方向性を出せばいいのに、すると擬制家族的国家像と衝突するのだな。
選択的夫婦別姓、はよ!

しかし、内閣府のアンケートの選択肢、何度見てもつくづくレベルが低いなぁ。
内容がわけのわからん「どこまでも使える法律改正」といい、「必要がない」(反対とは限らないですよね、これ。必要はないけど法律改正したっていいわけで)選択肢とか。
以上
 
PR
PR