新型コロナ: 脱炭素、YKKAPは窓から 祖業のアルミから樹脂に転換: 日本経済新聞

YKKAPが窓の脱炭素に挑む。在宅勤務などで環境性能が高い住まいに見直そうという機運が高まっており、祖業のアルミサッシよりも省エネ住宅に適している樹脂サッシに注力する。足元では注文が殺到し生産設備の増...

ツイッターのコメント(8)

樹脂窓の良さがもっとエンドユーザーに認知されますように。
この記事とってもいい✨
🪟樹脂の熱伝導率はアルミの1400分の1🤗
※ついに日本でも樹脂窓時代到来か!
YKKAPでは住宅用窓の出荷セット数に占める樹脂窓の割合は09年度は9%だったが、20年度には29%にのぼった。24年度には36%まで引き上げる目標を立てている。
本州の人間は建物の断熱についてもっと北海道から学べ。
と100年前から思っている。
これもここ10年来の課題だった。やっとか。
気候が温暖だからどうしても動きは鈍くなる。
==
在宅勤務などで環境性能が高い住まいに見直そうという機運が高まっており、祖業のアルミサッシよりも省エネ住宅に適している樹脂サッシに注力する。
祖業のアルミから樹脂に転換[有料会員限定]
以上
 
PR
PR