大丸松坂屋が「売らない店」 大手百貨店初、まず東京店: 日本経済新聞

J・フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は店頭で商品を販売しない「売らない店舗」を始める。大手百貨店で初めてネット販売を手掛ける新興ブランドのショールームに特化した売り場を大丸東京店(東京・千代...

ツイッターのコメント(22)

ネットで見た服の現物を見てみたいという欲求はもちろんあるけど、よければその場で買って帰りたいけどなー。これ欲しい!となってもう一度ネットで注文して2、3日後の配送を受け取るってもどかしい
残念だなぁ…そもそも集客出来てない😅
各社アパレルがショールーミングで失敗してるのに…。
ハイブリッド店舗にすることが大切🙏
JAN8なら直ぐにやれる😁

 大手百貨店初、まず東京店: 日本経済新聞
マルイを追う感じ。新興ブランドって言ってるけど折角高級ブランド(?)がいるのだから彼らにも出してもらえばいいと思ったのだけれどどうなんだろ。彼らにら普通に出店してほしいのかな。

 大手百貨店初、まず東京店: 日本経済新聞
自分のペースで試着とかもできるのかなぁ?
個人的には百貨店だけに留まらず、家電量販店・大型本屋等でも行うべき!
と云うか、私は全ての店舗を実物や実機を見るショールームと捉えてますが_(^^;)ゞ
後は当該店のECサイトにどう繋げるか、工夫して欲しい。
家具とかで既にある考え方ですが、百貨店に取り込んで上手くいくものなのでしょうか。 /  大手百貨店初、まず東京店 (日本経済新聞)
百貨店はいろいろ苦肉の策を考えているのかもしれないが、見に行ってその場で買えないというのは、逆に客離れをより加速させることにはならないかなぁ。今でも百貨店のオンラインショップで物は買えるし…。
これがやりたかったんだよなー。ダビングショップで。、
百貨店は「集客」が喫緊の課題

D2Cは「認知度」が大きな壁

その両方の課題が解決されるか注目
 
PR
PR