建設業に3%賃上げ広がる 公共工事優遇策が契機に: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(16)

ちゃんと下まで降りてくるのだろうか?😗
ゼネコンは年功序列の定期昇給でそこそこの%の賃金は上がるから、それを含めたら3%って実はそんなに頑張ってない気もする。
ゼネコンが賃上するとして、その原資はどこから捻出されるのか?公共工事の受注額はもちろん民間工事の受注金額に反映されるのか?一次請け以下の会社にしわ寄せがいくとしたらそれは健全だと言えるのか?色々と考えさせられる内容です。
★公共工事入札で4月から賃上げ企業が優遇される

 公共工事優遇策が契機に

日経
鹿島や大林組など建設各社で3%以上の賃上げの動きが広がっている。人手不足に悩む建設会社の事業環境に加えて、公共工事入札で4月から賃上げ企業が優遇される政策の影響
こういう記事見てるとあの企業買うタイミング伺いたいね。建設業DX親父に聞いてもやっぱ目に見えて進んでるらしいし。
これは久々の良い政策‼️期待しても良いかな?=>
すその広いから賃上げ効果大きそう
公共事業の元請けできる大手ぐらいだろ?末端の企業には関係のない話。
日本の建設業の男性労働者の21年の年収は20年比横ばいの558万円
建設業の就業者数は20年度時点で492万人。この20年で2割以上も減

3% increase of the salary
ただでさえ倒産増えそうみたいな話あるのに、公共工事増やすでもなく入札にすら金のある企業優遇するなら、バッタバタと倒産生み出していきそうだね。
岸田、新しい資本主義どころか古臭い資本主義やっているじゃん()
「価格のほか技術提案なども評価する公共工事の「総合評価落札方式」で4月以降、大企業で3%以上、中小企業で1.5%以上の賃上げを表明した業者は5~10%程度加点」→
広がる 
公共工事優遇策が契機に
政策の収支影響が大きい業界ほど、政府方針対応をリジッドにせざるを得ないんでしょうね。カーボンニュートラルも、優遇税制ではなく、未対応企業への増税になれば、各企業対応も違ってくるかもしれませんね。
国による無理な賃上げでこうなったなら後々に悪影響になる
公共工事優遇策が契機に[有料会員限定]
建設業に3%賃上げ広がる公共工事優遇策が契機に(日経新聞)
以上
 
PR
PR