ABEMA、ワールドカップ ネット中継 アカマイと挑む「TV超え」: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(16)

ワールドカップに向けてチャレンジ💪
アカマイと挑む「TV超え」

アカマイの場合、世界で130カ国、1000都市に自社サーバーを持つ。1日に配信するデータ量は平均毎秒170テラ(テラは1兆)ビット。一般的な動画サービスの標準画質で換算すると1億7000万人の同時視聴が可能な規模となる。
ワンセグを思い返すと、繋がらなさすぎた
東京オリンピック。昔、世界で初めて衛星放送された。
そして、今年、東京オリンピックの年に、また新たなる時代に変わると言う。もう放送局はいらない。
「インターネットの動画配信技術が進化している。米アカマイ・テクノロジーズはサーバーを分散して負担を減らし、テレビと同等に遅延なく1千万超の同時視聴を可能にした。」
実際の試合と視聴映像の時間差も、約3秒と国内テレビ放送と同等まで縮める
「CDNは映像データがある配信元のサーバーから、視聴者の近くにあるサーバー(エッジサーバー)にデータを複製し、視聴者はそこから映像を取得する。」
日経電子版から。ABEMAさんアカマイさんと組んでFIFAWC2022で1000万人超の同時接続に耐えられる環境を目指していくとのこと。
藤田晋さんがんばっとる///
インターネット業界、あらゆるサービスの裏側にアカマイあり
アカマイと挑む「TV超え」[有料会員限定]
アカマイと挑む「TV超え」
以上
 
PR
PR