事業継続へ高まる危機感 JR東日本は事務職も乗務: 日本経済新聞

新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の急拡大に企業の警戒感が高まっている。マツダなどが会食の禁止を決め、JR東日本は事務職でも乗務資格のある社員が車両の運行に復帰できる教育をしている。オミクロン...

ツイッターのコメント(32)

「製造業では工場などが停止するリスクを踏まえて会食を禁止する企業が相次ぐ。」
改憲せずとも、何もしない政府に代わって企業が十分に国民の私権を制限してくれるから大丈夫だ。
この感染状況だし会食禁止はやむなしか。
いつもこうだっただろう、予めにかかれ〜と呼びかけても初動が遅かった、今度は前より少し速いだけど、やはり目の前に来ないとなかなか動こうとしなかなった、2年間ずっとこのような調子…、もう疲れ果てている!
サプライチェーンに影響が出始めている。
守るもののために備えがいる。
関係ないけど、サプライチェーン分断により思わぬ形で競合が可視化される。JALやANAの競合は陸運ではなくWEB面談サービスでした、みたいな(どっかで聞いた話)/
オミクロン株やばいね。働く人がいなくなって事業継続できるかどうかって戦時中みたい。と、『暗黒日記』を読んだ自分は思う。 >>
社会活動を止めるな。
 JR東日本は事務職も乗務:日本経済新聞
鉄道でもフルスタックエンジニアの同類を生み出そうとしてるかしら…

 JR東日本は事務職も乗務:日本経済新聞
感染力の強いオミクロン株では家庭内感染などでの欠勤が問題になります。BCPの観点から対策が欠かせません。
「JR東日本は欠勤者が出ても乗務員を補充しやすい体制を整える。(略)事務職でも乗務資格のある社員が緊急時は車両の運行に復帰できる教育も実施している。」 かっこいいやつだ
事業継続計画(BCP)→よくよく覚えて大事になぁ・・ですね
 
PR
PR