金融界にパーパス経営、多様化で推進力再考 「脱金融」も: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(27)

だそうです👉従来、企業が掲げてきたミッション、ビジョン、バリューなどが「何を」に焦点を当てることが多いのに対して、パーパスは「なぜ」の部分に注目が集まる。「何を」するかは時によって変わるが、「なぜ」の部分はぶれない軸として残りやすい。
パーパスと言わずに、存在意義じゃダメなのか。。。

ちなみに↓のきん有トップの発言はパーパスなのか?金融機関として存在する意義になっているのか疑問
偉くなると人はポエマーになる。年齢は関係なし。
こんなカッコいいこと言わなくても正直に「言われたことだけやります」でいいのではw
「ミッション、ビジョン、バリューなどが「何を」に焦点を当てることが多いのに対して、パーパスは「なぜ」の部分に注目が集まる」。こういう認識だからパーパスをなおさら制定したくなる。本来mvvは経営の目的だから何をよりなぜを重視して制定すべきなんだけどね。
こういう意味なのか!→「パーパスは「存在意義」と訳されることが多い。従来、企業が掲げてきたミッション、ビジョン、バリューなどが「何を」に焦点を当てることが多いのに対して、パーパスは「なぜ」の部分に注目が集まる。金融界にパーパス経営、
とてもいい流れ。企業のミッション・ビジョンのアップデートが求められていますね。
え、、パーパスってこんなに曖昧でも良いの?抽象度高すぎて何も書いてないのと同じでは...?
元ネタさがす-->米国では、消費者の評価を基にした「高パーパス企業」は、株主総利回り(配当とキャピタルゲインの合計を株価で割った値)が「低パーパス企業」の5倍前後という分析結果もある。
ことば遊び?

 「脱金融」も
ミッション、ビジョン、バリュー、パーパス。

 「脱金融」
 
PR
PR