商品全面高に変調 木材や原油下落、アルミは高値: 日本経済新聞

初夏まで全面高の様相だった非鉄や穀物といった国際商品の値動きに格差が生じている。中国の景気減速などを背景に鉄鉱石やゴム、原油は下落に転じ、投資マネーが高騰に拍車をかけた木材は急落した。なお上昇が続く品...

ツイッターのコメント(10)

初夏まで全面高の様相だった非鉄や穀物といった国際商品の値動きに格差。中国の景気減速などを背景に鉄鉱石やゴム、原油は下落に転じ、木材は急落した。なお上昇が続く品目は供給制約の影響が大きい。上下に大きな動きが企業収益など経済を揺さぶっている。
アルミは10年ぶり高値。「原材料の確保を優先する顧客が前倒し発注するケースが多い」(商社)点もアルミの需給逼迫感を強めている。

 木材や原油下落、アルミは高値:日本経済新聞
価格が下落に転じる商品が増えてきたことは中長期的には消費や企業収益にプラスだが、需要の伸び悩みが背景にあるうえ、供給制約が原因で上昇する品目の場合、企業はコスト高を価格に反映しにくい
木材の先物価格は大きく下落したみたいだけど工務店の購入する価格に影響するのはもう少し先になりそうですね。
木材や原油下落、アルミは高値
「 木材や原油下落、アルミは高値」 
>初夏まで全面高の様相だった非鉄や穀物といった国際商品 / 中国の景気減速などを背景に鉄鉱石やゴム、原油は下落に転じ、投資マネーが高騰に拍車をかけた木材は急落 / なお上昇が続く品目は供給制約の影響が大きい
商品市況、全面高に変化 中国など需要減速映す (日本経済新聞)
商品市況、全面高に変化 中国など需要減速映す[有料会員限定]
以上
 
PR
PR