インサイダー取引「AIで判定」 NEC、SBI証券と: 日本経済新聞

NECは人工知能(AI)でインサイダー取引を判定するシステムを開発する。SBI証券と組んで、顧客が違法行為に手を染めていないか疑いの度合いを数値化。判定理由も自動的に文章で示し、審査対象を絞る1次審査...

ツイッターのコメント(36)

いつも思うAIって何?多少複雑な判定プログラムじゃないの?結局、流行りの新しい商品に見せるためのネーミングって事じゃないのだろうか?
【2022年度】NEC、SBI証券とインサイダー取引をAIで判定:

≫顧客が違法行為に手を染めていないか疑いの度合いを数値化。判定理由も自動的に文章で示し、審査対象を絞る1次審査にかかる時間を最大9割短縮できる
みずほ超える障害数叩き出しているSBIで大丈夫???()
本来は取引所がやるべきだと思います。
いいぞいいぞーしっかりやれ
誤検知多発しそう
たまに機械的に確認の連絡がくるけど、そんな情報が得られるなら毎日しんどい思いして働きたくないわ。
全然効果発揮してないけど?w
見せ板だらけやん。。。

NECは19年、相場操縦など不正な取引を検知するクラウドサービスの提供を始めた。虚偽の注文を大量に出して、取引成立前に注文を取り消す「見せ玉」などを審査できる。

 NEC、SBI証券と
 
PR
PR