みずほ銀行、藤原頭取辞任へ ATM障害で近く行政処分: 日本経済新聞

みずほ銀行で起きたシステム障害の責任を明確にするため、藤原弘治頭取(59)が月内にも辞任し、会長への就任も取りやめることが分かった。持ち株会社のみずほフィナンシャルグループ(FG)の坂井辰史社長(61...

ツイッターのコメント(73)

経営トップにはハードウェアやソフトウェア、ネットワーク、データなどを幅広く管理できる(運用管理)人物がトップにふさわしいかもしれません。
ベンダーから幹部引き抜いたところで何も変わらんでしょ。既に出来上がってるしこんな巨大なシステム把握できんて。誰もやりたくないだろうな。

 ATM障害で近く行政処分:日本経済新聞
社外兼務だと結局その人何人いるの?って話になりがち。/
日立、富士通、IBMか。
合併の弊害だな。
みずほの頭取、辞任だって。
責任を取るためにって辞めないとダメなんですかね。。。?一定の責任はあるものの、1人が責任を負う話でも時代でもない、時代錯誤なのでは無いかと思ってしまいます。不思議な文化です。わからないことがまだまだあります。
611の今日破綻したらドラマチック
退任ではなく、辞任だろ! →
みずほ銀行のシステム統合は、システムのサグラダファミリアと言われる様に、永遠に終わらないプロジェクトとして有名です。
その背景には三社が合併した当時の各行出身者の派閥争いがあります。
こういう事があると統制はガチガチになると思うけど、それ故に抜本的な改善は出来なくなったりもするよね

 ATM障害で近く行政処分:日本経済新聞
 
PR
PR