水素ステーション「30年1000基」 成長戦略で目標上積み: 日本経済新聞

政府が6月にまとめる成長戦略の原案がわかった。2030年までに燃料電池車の燃料を補給する水素ステーションを1000基整備する目標を新たに掲げる。現在の6倍に増やし、30年代半ばまでに乗用車の新車販売が...

ツイッターのコメント(43)

足りない?

 成長戦略で目標上積み:日本経済新聞
2030年までに燃料電池車の燃料を補給する水素ステーションを1000基整備でも、まだまだ足りない。全国の市町村数1741だから最低でも同数はないと
たった1000基かぁ。インフラ面が整ってないシステムは脆弱ですね。
あえて、国際標準となりつつあるEVに集中投資しない理由が気になります。
もう、後には引けないからっていうのが本音な気がしますが、、
2030年までに燃料電池車の燃料を補給する水素ステーションを1000基整備する目標を新たに掲げる。
現在の6倍、30年代半ばまでに乗用車の新車販売が全て電動車に切り替わるよう促す。
🇯🇵少な過ぎ😜
水素ステーションが、全国に僅か 1,000 基しか作れないのでは、水素社会の実現はかなり厳しい😣

よく比較されている充電ステーションは、2021 年 3 月時点で全国に 19,201 箇所もある。
政府が6月にまとめる成長戦略の原案がわかった。2030年までに燃料電池車の燃料を補給する水素ステーションを1000基整備する目標を新たに掲げる。先端半導体の工場を誘致するため「他国に匹敵する規模」の支援措置を講じるとも記した。
コロナ明けは、30年先(2050年)の社会に向けて大きく変革が加速する

日本経済新聞
 
成長戦略で目標上積み
政府の成長戦略
2030年までに燃料電池車の燃料を補給する水素ステーションを1000基整備する目標。
現在の6倍に増やし、30年代半ばまでに乗用車の新車販売が全て電動車に切り替わるよう促す。
先端半導体の工場を誘致するため「他国に匹敵する規模」の支援措置を講じる。
 
PR
PR