新型コロナ: 緊急事態の解除 政府、27日の閣僚協議で可否判断: 日本経済新聞

政府は19都道府県へ30日を期限に発令中の新型コロナウイルスの緊急事態宣言について、28日に解除の可否を決定する。菅義偉首相が27日に関係閣僚と協議して判断する。ワクチン接種の進展を踏まえ、病床使用率...

ツイッターのコメント(11)

こんにちは!さおりんです( *´艸`)

本日のトピック



19都道府県へ30日までの新型コロナの緊急事態宣言について28日に解除の可否を決定
政府は宣言を解除した場合の酒類提供やイベント制限の撤廃の進め方を自治体と協議
いよいよ解除に向けて

日本経済新聞

厚労相「実現できる」
第5波は終息し、ワクチン完了者も55%を超えてる。このタイミングでワクチンパ接種証明と検査済みを組み合わせた検査パッケージで飲食と観光を応援できるようにするタイミングに来ているのでは。/
ワクチン接種が行き渡るまで根性を据えてやり切る方がいいのではないか。
いよいよ、緊急事態宣言の解除ですね。一部地域は蔓延防止になると思いますが、11月の衆院選以降は景色が大きく変わるでしょうね。
規制緩和後が気になる。

"経済活動との両立に向けた行動制限の緩和は「何もかもフルオープンで元の生活に戻るかというと段階的にやっていかざるを得ない」と強調した。政府は宣言を解除した場合の酒類提供やイベント制限の撤廃の進め方を自治体と協議"
ようやく終わる。
次はありませんように。
ワクチン接種の進展を踏まえ、病床使用率などの医療提供体制を重視した基準で判断します。
状況みれば先週でもよいのでか、論点は決定した期日を前倒しで解除できるか否か。
感染者数など根拠ありきの解除になれば、従来の日付で解除という非科学的根拠との決別の道筋はつく
政府、27日の閣僚協議で可否判断[有料会員限定]
緊急事態の解除政府、27日の閣僚協議で可否判断(日経新聞)
以上
 
PR
PR