5月の消費者物価指数、2.5%上昇 「よく買うもの」5%高: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(38)

消費者物価指数2.5%⤴️
月イチ以上の頻度で買うものは5%⤴️
電気・ガソリン・野菜が高い。携帯代は大きく値下がり。
消費者物価を知らない日経新聞!

米国は8%!消費者物価上昇!
まだ金融緩和してもいい。日本はまだデフレ。財政出動が足りない。
消費者物価2%上昇とか言ってますが、国民の感覚は5〜10%ぐらいだと思う。

なぜなら、日頃消費しないものは物価が上がってないのに、よく消費するガソリンや食品、日用雑貨や外食の物価は上がってるから。

ヘタしたらよく消費するものだけだと10%以上上がってるんじゃ⁉️
体感的にも物価めっちゃ高くなってますよね。。
給料上げて欲しぃ。
経済新聞がよく買うものほどインフレ率が高いって。。。
物価高騰の見込みがはずれちゃったのかな⁉️
逆に言うと、「まれに買うもの」は値上げし辛いという事なので、そういう商品を作っている会社にはインフレは厳しいですね/
電気代も昨年よりも使用量は少ないのに高い。
だいぶん高い。

ふーっ。
「消費者が体感するインフレが」って、そこは「インフレ」じゃなくて「値上げ」だろうが。
物価と、個々の財・サービスの価格を一緒くたに論じてどうすんだよ。
リフレ派が望んでいたこと。最近彼らは静かだが、どうした?
物価上昇率2.5%でこんな感じなんなら、アメリカの8%台というのはどういう世界なんだろうか。
とが言ってもコアコアがまだ1%きってるからなぁ
 
PR
PR