ジョブ型へ移行指針、官民で来春までに策定 岸田首相: 日本経済新聞

50コメント 2022-09-23 18:47|日本経済新聞

【ニューヨーク=秋山裕之】岸田文雄首相は22日(日本時間23日)、ニューヨーク証券取引所(NYSE)で講演した。日本企業...

ツイッターのコメント(50)

年功序列からジョブ型への移行には大賛成。リカレントやリスキリングの体制も整え、もっと人材が行き来しないとビジネススピードも速まらないし、経済も活性化しない。給与面においても、最新技術を持った人材を確保するのに、既存社員とのバランスを取ってる場合じゃないよ。
促すのはいいと思うけど具体的に何するんでしょう🧐
日本の産業変革には硬直化した雇用の流動性を高めていくことが重要で、その中でジョブ型の人事制度も必要になるということかと思います
政府が日本企業にジョブ型を推進する方針!
これからの時代の働き方と組織づくりが楽しみ✨
フリーランスも正社員もより活躍できる未来へ!
パフォーマンスベースの社会
これは良くない。結局一部の優れた人材を除けば人は経験による積み重ねには勝てないよ。抜擢システム機能していれば基本的に年功で間違いない。
中高年で枯れた人材が多くなるのはシステムの問題で、その実結局年功を評価していないからに尽きるよ。人の使い方が悪い。
世界恐慌じゃなく
日本恐慌は起こるかもね

岸田がNY証券取引所で
国民の総資産を言ったし
しかも安い使い捨てできる労働力だってアピールしたから

来年春までに全国民
使い捨て型派遣みたいな働き方に変えられるかもね?ジョブ型の職務給とか言ってるけど
あっさり物凄いこと言ったなと思ったのは私だけでしょうか。「それ入社した時の契約書に書いて無いので私はやりません」「あなたXXX達成してないので来月からクビね」みたいなドラスティックな働き方が日本でもスタンダードにしていくということなんですけど、凄いな!
またどうせ中途半端な事やらかして、税金の無駄遣いになるんだろ?

そもそも来春まで居座る気かよ?
うまくいくのかねぇ
> 日本企業にジョブ型の職務給中心の給与体系への移行を促す指針を2023年春までに官民で策定する

日本国内よりも先に海外での投資家への講演で発表って、どういう事だよ
さてさて。
ジョブ型への移行は、副業の促進の面で良い流れだと思います。

仕事の一部を切り出して副業人材に仕事を任せるというのは、最近自治体でも広がっています。

会社という単位に縛られず、一人一人が自分のスキルを様々なステージで活かせたら、国単位で良くなると思います。
いよいよ解雇規制緩和!?
年齢とともに給与が上がる職能給が中心の日本ですが、仕事内容に応じて給与が決まる『ジョブ型の職務給中心に見直す』とのこと。当然ホテル業界にも影響が出るでしょう。
.
.
FYI『 岸田首相』
首相は「年功序列的な職能給をジョブ型の職務給中心に見直す」と述べました。
リストラ許容して学び直しもセットで頼む。
ジョブ型を皮切りに、向こう10年くらいで一部社員を業務委託契約に移行する流れになる気がする。
実質的な解雇規制緩和を伴わない雇用流動性の活性化みたいな結果になるのでは…?
それはそれでアリか
は、職能資格制度や賃金テーブルと共に従業員を入社年の塊でシステマチックに動かす一律運用じゃなくって、一つひとつのポジションのJob Sizeやそこに入っている人の従業員の給与をマネジメントが個別で判断していく。つまり、マネジメント能力がより求められる。
まぁNTTもやり始めてるので徐々にやれば良いのでは。どうせ既得権益には手をつけないから日本らしくマイルドなトランジションですよ。でもこれでピンポイントな高給が実現できたら良いですね。
終身雇用の退治が先のほうが良いな。
職能主義、等級制度が日本企業の大きな特徴。急に職務主義、ジョブ型に移行となると、ポストについてない社員の給与とか雇用とか、副作用が大きいぞこれ。
ほえほえ。
うーん、全くわけのわからんことを言ってないで、とにかく雇用に関して言えば、解雇をしやすくなるようにするべよ。それで日本は生まれ変わるよ。
何事もまずチャレンジしていく事は歓迎します。

民はともかく、官は始まったばかりのデジタル庁のようなメンバーじゃない事を期待しています。
この内容だけだと意図がわからないなぁ…というのが本音
いよいよジョブ型がスタンダードになってくる気配。
ただ、本質的なところは見失わないようにしないと意味がない。
本質を追求していきたいですね。
ん〜?
素直に読めない…
職能給と職務給の相違はその人が持っている能力を公正に評価する点であまり大差ないように思いますが、むしろ大事なのは同一労働同一賃金。これが確実に実施されれば企業間の労働移動もしやすくなる。ただ中小企業の経営者は焦る😱💦中小企業が圧倒的に多い日本に馴染むかな?
ジョブ型導入でMRもプロジェクトベースの働き方になると、PJマネジメントスキルは必須になります。キャリアに必要な知識&スキル&経験は今から取得しておきましょう♪
「日本企業にジョブ型の職務給中心の給与体系への移行を促す指針を2023年春までに策定」
このお題に対しては、ジョブ型を導入するのが目的ではなく、日本企業の❶生産性向上❷流動性促進❸成果に連動した賃金体系(Pay for Performance)にするの3点をブレずに考えたい
日系企業が簡単にジョブ型に移行するのは難しいが、この流れはしばらく加速しそう。
首相がここまで踏み込むとは。
どうなるものやら😅
日本が職務給に移行しようとしたのはこれが初めてではないのですが、過去うまくいかなかった理由の一つは産業構造変換や技術革新において職務給にすると大量の失職者が出る懸念があったからと言われてます。なので今回は雇用の柔軟性とセキュリティとの一体改革が必要ですね。
来春まで、あなた首相の座に居られるかな⁉️
ビジョンも戦略も無い岸田政権‼️
予想通りのポンコツ岸田‼️
国家観の無い官僚の言うがままに
右往左往後手後手政権‼️
国葬・旧統一教会問題で支持率低下だけでは無く、一番の問題は政権としての組織運営がまったく成されていない事
年功序列から実績主義へと移行を岸田が打ち出したねぇ〜! 労働環境が変化して一時的にも給与が下がる人が増えるだろうねぇ…それでなくても給与所得者の中央値が130万円下方していると言われる昨今なのに 物価高・増税(社会保障費増)・給与減収など日本の未来は…
とりあえず形から入ってみる?的な。
人事制度は戦略や他も含めた目的次第では形が変わるから強制は違うんじゃないかなw
突然、外国で政策発表するのは、このひとの癖ですかね?
国会で審議しろって!

↓☟
政治家先生達がやりなさいよ。
ジョブ型をさ。
海外みたいに専門性を高めるのなら、海外みたいに「教育費無料」にしてから言って欲しい。
結局は成功者が「大学に行ける人」から「専門学校や資格学校に行ける人」に変わるだけ。親ガチャに外れたら、もう無理。ほとんどの先進国は専門学校も無料だからね。
これも年功序列給与廃止と同様に、仕事は変わらないのに、賃上げしない方便になるだけの、労働者を不幸にする施作な気がしてならない
のNYSE講演。
首相官邸の演説記録を見ると、ジョブ型雇用移行指針を2023年春までに官民で策定するという趣旨は明言していない。しかし、記事のとおりであれば、大学2年生以下は やキャリアが様変わりするシナリオを頭の片隅に置いておくとよいかも。
»
>デジタル分野などのリスキリング(学び直し)支援

なにを学ぶ
ジョブ型って、スティーブとか仕事とか型ってとか定義できるのかな
岸田首相表明: 日本経済新聞 なんか言い出したこのポンコツ。日本の人事評価制度(職能資格制度)は戦後、高度経済成長からバブル崩壊を経て日本に適した形で洗練されていった物。今更政府が口出しするモンじゃない。
岸田首相表明:日本経済新聞 『年功序列的な職能給をジョブ型の職務給中心に見直す』こんな事を言って大丈夫か??生産性の向上と賃上げが目標なのは解るけどさ…労働移動で生産性が向上すると思うのは間違いだよ…きっと…
職務給へ移行指針、官民で来春までに策定岸田首相表明(日経新聞)
以上
 
PR
PR