ウーバー配達員らに労災保険 特別加入を厚労省検討: 日本経済新聞

厚生労働省はウーバーイーツなど料理を運ぶ配達員について、労災保険の特別加入の対象とする方向で調整に入った。保険料を自己負担すれば、けがの治療費などを給付する。インターネットで単発の仕事を受けるギグワー...

ツイッターのコメント(32)

「厚生労働省はウーバーイーツなど料理を運ぶ配達員について、労災保険の特別加入の対象とする方向で調整に入った。保険料を自己負担すれば、けがの治療費などを給付する。インターネットで単発の仕事を受けるギグワーカーを保護する動きは海外でも相次ぐ」
【フリーランス関連記事】
5/12  特別加入を厚労省検討

厚生労働省はウーバーイーツなど料理を運ぶ配達員について、労災保険の特別加入の対象とする方向で調整に入った。
以前、問題にもなっていましたウーバー配達員に関する労災。特別加入を軸に検討が開始されました。
ウーバーの労災保険制度も年々改善されています。
上陸当初は保険はなかったらしいです。
以下のリンクを貼って置きました▼
どんどん労基法上の労働者性がくっついて来るなあ😱

次は雇用保険強制加入か?
「保険料を自己負担すれば、けがの治療費などを給付する」とのこと😫

複数の会社と契約している場合はどうなるのか気になる

🥫はコレを待ってるのか?
Uber をはじめとするフードデリバリーの配達員さんへの労災保険の特別加入へ検討に入ったニュース

誤った情報が流れているのでここでまとめます→
「インターネットで単発の仕事を受けるギグワーカーを保護する動きは海外でも相次ぐ」
こういう書き方は良くない。ギグワーカーにも色々ある。フードデリバリー配達員は常に事故リスクを抱えている働き方。
障害になってしまった場合、自分で保険に入るより保証が厚くて安心
 
PR
PR