TOP > 政治・経済 > 新型コロナ: ファイザーのワクチン、コロナ感染7割減 英政府: 日本経済新聞

新型コロナ: ファイザーのワクチン、コロナ感染7割減 英政府: 日本経済新聞

15コメント 2021-02-23 08:10  日本経済新聞

【ロンドン=佐竹実】英政府は22日、米製薬大手ファイザーと独ビオンテックが開発した新型コロナウイルスワクチンについて、1回の接種で高い効果を確認したと発表した。医療従事者らの感染リスクが70%以上減っ...

ツイッターのコメント(15)

ふむ。
日本も英国と同じように2回目の接種に間隔明けて、1人でも多く接種出来るようにするべきだと思う🙏
65歳未満の医療従事者の感染リスクを70%強下げる
2回目の接種を受けた場合は85%。

高齢者の重症化も大幅に減っており、
政府は1回の接種で入院や死亡を75%以上減らせるとしている。
ファイザー製ワクチンで感染7割減 英発表


アフターコロナきちゃ~w
→イギリスは接種間隔を12週に延長してワクチン接種を進めています。
ファイザーのワクチンの1回接種推進で、高齢者の入院や死亡率も減少。
「接種を受けた人について調べたところ、65歳未満の医療従事者の感染リスクを70%強下げる。2回目の接種を受けた場合は85%。高齢者の重症化も大幅に減っており、政府は1回の接種で入院や死亡を75%以上減らせる」→
ワクチン効果てきめんやん

 英政府:日本経済新聞
@8 皮肉の一つでも呟かないっとね
「1回の接種で入院や死亡を75%以上減らせるとしている。」での
その残り25%で崩壊する国では
どうなるかなぁ~?楽しみですね😈ニヒヒ
一瞬ジョージクルーニーかと勘違いした
「ファイザーのコロナワクチン、コロナ感染7割減」英国政府」

「英国ではこれまでに1770万人以上が1回目の接種を受けた。65歳未満の医療従事者の感染リスクを70%強下げた。高齢者の重症化も大幅に減っており、政府は1回接種で入院や死亡を75%以上減らせる」
ワクチン拒否的な反応した人はマイナンバー特定して接種禁止にして貰いたい

 英政府:日本経済新聞
重症化だけでなく感染そのものを抑えるとは嬉しい情報
/
世界中でワクチンの効果と思われる方向が出てきています。
日本の今のスケジュールだと、同じような現象を実感できるのは6月くらいからでしょうか。

その頃には反ワクチン、コロナは風邪の方々からはやっぱりコロナはなかったとか更に言い始めるんでしょうね🤔
(日本経済新聞) ロンドンのカーン市長はファイザーとビオンテックが開発したワクチンの接種を受けた(19日、ロンド
ファイザーのワクチン、コロナ感染7割減英政府(日経新聞)
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR