UAE首都で爆発、無人機か 3人死亡: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(8)

ドローンの軍事利用。こんなにされているのか

UAE首都で爆発、無人機攻撃か 3人死亡:日本経済新聞
アラブ首長国連邦(UAE)の首都アブダビで17日、爆発と火災が相次いで発生し、警察は無人機(ドローン)攻撃の可能性があると発表した。
3人が死亡し6人が負傷した。国営通信が伝えた。イエメンの親イラン武装組織フーシ派が犯行を主張した。
日本製のハイラックスから中国製のドローンまで、様々なものが軍事転用される。
UAEの攻撃がフーシ派によるものだとすれば、これまで長らくUAEに対して直接攻撃をすることが出来なかったフーシ派が、ついに敵の首都を直接攻撃できる手段を手に入れたということでもある。その被害は限定的であっても、心理的な恐怖や圧力をかける手段としては大きい。
ドローンは荷物の配達や気象観測など民生利用で省力化に貢献する半面、決戦兵器としての能力も急速に発達している。人の判断が介在しない殺人ロボット兵器になる懸念も現実のものになってきたが、使用を制限する国際的なルール整備は追いついていない。
UAE首都で爆発、無人機攻撃か 3人死亡: 日本経済新聞
UAE首都で爆発、無人機か 3人死亡[有料会員限定]
中東アフリカで無人機攻撃が主流にエチオピア軍など(日経新聞)
以上
 
PR
PR