ドイツ、ワクチン義務化が難航 ショルツ新政権に試練: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(6)

ワクチン義務化議論は各国とも議論が紛糾気味です。一定の年齢以上の方には学校での一斉接種でおなじみのインフルエンザや日本脳炎も、実は強制ではありませんでした。ワクチン強制接種の議論が出ること自体、脱コロナ&正常化には遠いことを示しているともいえます。
ショルツ新政権に試練

日経 
ドイツが検討してきたワクチン義務化の議論が難航している。ショルツ首相は就任直前の昨年11月末に「2月初めか3月初め」の導入を表明していたが、与党内の足並みの乱れなどで遅れが避けられない情勢だ。
ナチス復活か?
ドイツで議論が盛り上がるワクチン義務化。早ければ2月にも、という当初の目論見ははずれ、まだ時間がかかりそう。足もとのコロナ封じというよりも、次の秋冬の流行を見据えた議論になりつつあります。議会任せでリーダーシップを発揮しないショルツ首相には批判も
ショルツ新政権に試練[有料会員限定]
ドイツ、ワクチン義務化が難航ショルツ新政権に試練(日経新聞)
以上
 
PR
PR