米大統領報道官 次期駐日大使「政策立案の経験に期待」: 日本経済新聞

【ワシントン=坂口幸裕】サキ米大統領報道官は18日の記者会見で、次期駐日大使に指名されたラーム・エマニュエル元大統領首席補佐官について「バイデン大統領は政策立案の幅広い経験に期待しているだろう」と述べ...

ツイッターのコメント(4)

今後の日米関係を左右する存在になります。
「10月20日に上院外交委員会で公聴会が開かれ、エマニュエル氏は対日政策について所信を表明する予定だ。駐中国大使に指名したニコラス・バーンズ元国務次官も同日の公聴会に出る」
米大統領報道官 次期駐日大使「政策立案の経験に期待」
米大統領報道官次期駐日大使「政策立案の経験に期待」(日経新聞)
以上
 
PR
PR