TOP > 政治・経済 > バイデン氏、民主主義修復に試練 次期米大統領確定: 日本経済新聞

バイデン氏、民主主義修復に試練 次期米大統領確定: 日本経済新聞

16コメント 2020-12-15 16:07  日本経済新聞

日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

ツイッターのコメント(16)

どんなコントだ?民主主義を破壊した張本人が如何して修復させるというのだ!
Qアノンに負けるな。日本にもいるんだよな、Qアノン。
バイデンを支持というよりはQアノンが全く支持できない。陰謀論を現実に起きている事の区別がついていない。
「バイデン次期米大統領」が事実上確定しました。共和党上院トップがバイデン氏に祝意を述べてもトランプ大統領はなお敗北を認めず、深い社会の分断は鮮明です。「対立を癒やす」と誓うバイデン氏ですが、来年1月20日の就任式は険しい歩みの始まりです。(写真=ロイター)(
米国の第46代大統領に民主党のジョー・バイデン前副大統領(78)の選出が事実上確定した。14日の選挙人投票でバイデン氏が過半数(270)を上回る306人を獲得した。
日経も相変わらず酷いな。

ドナルド・トランプ大統領(74)が傷めた民主主義への信頼回復とか意味不明。偏向報道過ぎる…。

 次期米大統領確定:日本経済新聞
次期米大統領確定:日本経済新聞

SNSなどの普及で他の考えを受け入れないという傾向が拍車をかけている。
⇧SNS などの普及でマスコミが真実を伝えず偏向報道で世論工作していた事が判明。
バイデン氏が選挙不正で当選した証拠も多数発見!
新型コロナのため、アメリカのみならず、世界の各国も混乱に陥れてしまった、アメリカが再び世界のREADERに戻らないと、この混乱の収拾が難しい、かなりの経験及び知恵が必要
である。USAに渡す✨は今すぐに使うものではない、未来に関わっていること、急いでいない✨。
人生100年時代とはいえバイデン氏は年齢的に次回は出れないのではないか?年明けの結果によっては上院が捻じれになるかもしれないし、大きな成果を上げるには厳しい条件が揃っている気がしている。
次期米大統領確定

民主主義の前に民主党の修復が最初の試練だゾ
並行して欧州とNATOも修復せねばならない、民主主義なんぞ後回しになるだろう
トランプ大統領に対しての印象操作が露骨な日経。

「..トランプ大統領が傷めた民主主義への信頼回復という重荷..」
「..トランプ氏が深めた分断の修復を誓うバイデン氏..」
nikkeiは戦争派かぁ
バイデン次期大統領は、分断が深刻な米国の立て直しと、ドナルド・トランプ大統領(74)が傷めた民主主義への信頼回復という重荷を背負う。
トランプの所為で南北戦争当時に戻ったようなアメリカ。共和党は二度と間違うな
バイデン氏、民主主義修復に試練次期米大統領確定(日経新聞)
米国の民主主義を蹂躙した張本人が「修復」?!?!
中共に指導してもらうだけじゃないの?
バイデン氏、民主主義の修復重く
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR