ユニセフ、仮想通貨のNFT発行 学校のネット接続支援: 日本経済新聞

【ニューヨーク=吉田圭織】暗号資産(仮想通貨)の利用が国際機関にも広がっている。国連児童基金(ユニセフ)は14日、非代替性トークン(NFT)を発行した。6500万円相当を調達する。調達資金でインターネ...

ツイッターのコメント(25)

NFTの販売が、子供たちの笑顔に繋がるという流れは非常に素敵な取り組みだ。

今回は、学校へのネット設備の支援。

しかし、販売したNFTで得た Etherume をユーロに変えて、、、って、ETHのまま受け取って設備構築できるようにしようよ。
素晴らしい取り組みだと思います。
ユニセフがNFT発行で調達して寄付。コロナ禍になって、自分の寄付がどのように使われるのかもっと知りたいなーとか思ってたんだよなー。
ルワンダも入ってます!
- 国際機関がNFTを発行して資金調達を実施

- NFTを売却益のみでなく転売益の25%も支援に充てられる

資金調達の仕組みとしてNFT活用した事例👀
これは良いNFTの活用法なのでは?従来の「寄附」とは違い手元に残る「資産」が貰えますからね。
記事】暗号資産(仮想通貨)の利用が国際機関にも広がっている。国連児童基金(ユニセフ)は14日、非代替性トークン(NFT)を発行した。6500万円相当を調達する。
1ヶ月間これ狙ってたのに、いつの間にか英語のサイトでエントリー終わってて萎えました。英語の力身につけないと人生損する。
こういう実用めちゃめちゃいいな
素晴らしい取り組み。こういうの、もっと広がってほしい

 学校のネット接続支援:日本経済新聞
 
PR
PR