台湾TSMC、日本初の工場を正式発表 2024年に量産開始: 日本経済新聞

【台北=中村裕】世界最大の半導体受託生産会社(ファウンドリー)である台湾積体電路製造(TSMC)は14日、日本で初となる工場を2022年から建設し、24年末に量産を始めると発表した。半導体不足が長期化...

ツイッターのコメント(19)

TSMCの半導体生産は現在9割以上が台湾だが、米中に続き日本にも進出し、供給体制を拡充する。日本の工場では自動車や産業用途などで現在主流の22~28ナノ品を量産するという。
世界最大の半導体受託生産会社(ファウンドリー)である台湾積体電路製造(TSMC)は14日、日本で初となる工場を2022年から建設し、24年末に量産を始めると発表した。半導体不足が長期化するなか、日本政府は経済安全保障上の観点から、有力企業の工場が国内に必要との立場だ。
正式発表。
まあ、10年前に日本が捨てた技術なので補助金という名の正当な対価を払いましょう。
半導体最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が日本で初となる工場を2022年から建設し24年末に量産を始めると発表。現状TSMCの半導体生産は9割以上が台湾。日本以外の海外工場は米国と中国。
岸田総理の仰る経済安全保障??

日本の企業を守ってあげて下さいよ

台湾企業の後ろに大陸の影がないと誰が言えるんですか?
外国企業に建設費の半額の4000億を支援。
困窮した国民を低賃金労働者として外人に提供する。
これがアベノミクス。

民間の活力を最大限引き出し、国際競争に打ち勝つ産業や企業を生み出すことで力強い成長を実現していく。
とは、そのアベノミクス後継者の岸田首相の言。
日本政府は経済安全保障上の観点から、有力企業の工場が国内に必要との立場だ。

うむ!(`・ω・´)
一度捨てたものを、税金も使って再度で買い戻す。
買い物が下手くそやな。
ただ切り捨てられた手足は痛みを忘れませんが
→ 2024年に量産開始:日本経済新聞
2024年に量産開始:日本経済新聞
安くするために海外に技術移転しまくった結果が今のこれだよなぁ・・・
うわ、マジか。よく誘致できたな。
pillar2を前提に、あえて日本側で15%以下になるように税優遇して、台湾に「税収はきちんとそちらに行くようにするから、何卒日本に誘致させて」と政府間で握る、みたいな事は将来やってもいいのかな… という適当な考えがふと浮かんだ
半導体関連銘柄には追い風ですかね?
もう日本だけじゃ半導体は作れんのね(´・ω・`)
未保有ですが、そろそろ欲しくなってきた!
「 24年に量産開始」
・製品:ロジックIC
・プロセス:22、28nm*特殊仕様のため、過剰生産問題なしと強調。
・用途:自動車や産業用途など
$TSM
24年に量産開始

>日本政府は、31日の衆院選後に編成する21年度の補正予算案に、TSMCへの補助を念頭にした数千億円の予算を盛り込む予定だ。

税金突っ込むんか
徐々に台湾の客家人民族集団に預かっているものを取り戻すのは正解です、半導体の設計技術はアメリカにある、行き渡るように重要なパートナーのところにも生産投資をすべき。今上天皇から未来型の天皇に進んでいってほしい、もう観望する余裕がない。
台湾TSMC、日本初の工場を正式発表24年に量産開始(日経新聞)
以上
 
PR
PR