中国卸売物価、9月上昇率最大に 電力不足が素材高に拍車: 日本経済新聞

【北京=川手伊織】中国国家統計局が14日発表した9月の卸売物価指数は前年同月比10.7%上昇した。比較可能な1996年10月以降で最大の伸びを記録した。資源高に加え、国内の電力制限で素材の生産が落ち込...

ツイッターのコメント(31)

素材が上がるけど、需要が伸びないと製品への価格転嫁が進まない

1番気になるのはこれやな〜

特に日本は値上げに対して厳しいから完成品メーカーはこれから厳しくなりそう

商社と素材の上流は儲かるけど、メーカーの下げに引きづられそうなのを警戒してる
中国でも物価高か。
 電力不足が素材高に拍車:日本経済新聞
電力不足が素材高に拍車 「9月の卸売物価指数は前年同月比10.7%上昇した。比較可能な1996年10月以降で最大の伸びを記録した。資源高に加え、国内の電力制限で素材の生産が落ち込み価格が上がったことも全体の物価上昇に拍車をかけたもよう」
半導体不足に加えて、電力不足、石炭も不足、アルミニウムも不足。
このあと、鉄鋼がくれば、本物のインフレ相場がやってくるな。
鉄鋼、ただ市中在庫、どれぐらいあるんやろ。
長く低迷しすぎた。
いつ頃影響がでるか?
1970年の悪夢のスタグフレーションの狼煙があがったようだ。
中国よ・・・

どんなインフレ高を記録してるんだよ・・・狂乱物価一歩手前状態じゃねぇーかよ・・・。
あとは豚肉さえ高騰すれば革命では?w

 電力不足が素材高に拍車:日本経済新聞
さぁ、盛り上がって参りました。
金融面では不動産バブル潰し、実体経済では原材料とエネルギーの高騰。
これに加えて、政治的思惑でのIT企業圧迫。
対外的にノンストップ戦狼外交。
記事内容よりも作業環境が現場猫案件でないかが気になった。
-------
 
PR
PR