「勝利」しかない専制主義 進む中国の現実離れ: 日本経済新聞

ツイッターのコメント(14)

中国に赴任中の妹が書いた
本日付のコラム「風見鶏」
日経新聞本誌にも掲載されているので
購読している方は是非ご一読を

負けることが許されない社会と
負けることが許される社会
我々は「負けた」と言えるからこそ
「次こそは勝とう」と
立ち上がれるのではないだろうか
中国は世界で最も厳しいコロナ対策をやって
ゼロコロナ、完全な抑え込みを目標にしてる
死人が出るほどの厳しいロックダウンもして
結果…コロナを完全に抑えるのは無理だったと思う
文革路線かも
タイトル以上のコメントすることがない。
「わが国の防疫政策を疑い、否定するあらゆる言動と断固戦う」拘るねぇ。『…勝利以外の結末は許されない。それは専制国家が抱える性…』そうなんだろうね。敗北は許されないから。政治生命に関わるからなぁ。
習近平は後戻りできなくなっているな。
そうね。負けてもいい。間違ってもいい。間違ったまま勝つまで突き進むのが一番ダメ。方針転換、損切りはお早目に。

> 改めて感じるのは「負けた」と言える日本の恵まれた状況だ
世界の対策に逆向してゼロコロナ政策。
経済衰退も承知の上。
前回、同様に0コロナアピールだけ?
不可解、他にある?
中華ワクチン効果が想定以下?
後遺症とか根本的な事案?
ゼロ以外の選択ができない事案?
「ニラ」ではなく「考えるアシ」でいたい
勝ってもいないけど負けてもいないと思うが?
他国よりマシって感じ。
→『そして改めて感じるのは「負けた」と言える日本の恵まれた状況だ。』
世の中が、民主主義化する流れの上で、web3は力になるだろう。
ゼロコロナを諦めたとして、その瞬間感染大爆発という試練が待ち構えている。どう軟着陸させるか
進む中国の現実離れ
以上
 
PR
PR