韓国ウェブ漫画、世界覇権争い ネット2強が同業買収: 日本経済新聞

韓国ネット2強のネイバーとカカオがウェブ漫画の世界市場で覇権を競っている。ネイバーはカナダの同業を、カカオは米同業2社をそれぞれ買収する。成長の原動力はスマートフォン向けに最適化された縦読み漫画「ウェ...

ツイッターのコメント(32)

韓国のエンタメ戦略すごい
ネトフリに乗っかったドラゴン、スマホ縦読みに乗っかったカカオ
日本の得意なアニメ系も侵食してきそう

 ネット2強が同業買収:日本経済新聞
えーーー、こんなに盛り上がってるのですね!驚
韓国のウェブ漫画は、下にスクロールしていくタイプで独特なんですよね。
日本の漫画(作品)自体には世界トップクラスのポテンシャルを秘めているけど、ウェブ展開は完全に出遅れてた印象🤔
これは漫画に限らずどの業界でも課題だなと。
作品や商品のクオリティが高いのはもちろんのこと、届け方までしっかりと考える必要がありますね😌
日韓(中も)のコミックについては、もう少し高い視座を持って考えたいなと思っています。→
すごいなぁ。実際面白いし。青色の試合着を日本から提案するくらいしていく姿勢が大切かもなぁ。 /  ネット2強が同業買収 (日本経済新聞)
日本も漫画では世界で戦えるはずなんだけどな、、

ネイバーはZHDを通じて、日本のコンテンツをぜひ海外に展開してほしい

 ネット2強が同業買収:日本経済新聞
せめてこの分野は日本に頑張って欲しかったけど、落ちぶれていく日本から世界的企業が生まれることはもう無いのかも😰
編集者の集合が企業の日本の出版社はこの下に入り そして出版社は作家からも編集者からも離されて融けていく?
人気が出た後に出版でさらに稼ぐことを想定しているがために、ウェブ配信でも紙のフォーマットに合わせてしまい、UI/UXを悪くしてしまっている。

情報を載せるコンテナに合わせて、コンテンツも最適化しなければいけませんね。
日本はいろんな分野で出遅れが目立ちますね。もうあわてる時間に来ているイメージ🤔
 
PR