日経平均3日ぶり反落 終値123円安の2万7444円: 日本経済新聞

13コメント 2020-12-30 09:19|日本経済新聞

ツイッターのコメント(13)

3日ぶり反落
3日ぶり反落:日本経済新聞


年間の上昇幅は3787円55銭。2013年(5896円13銭)以来の大きさ。上昇率は16%、前年(18%)をやや下回った。
3日ぶり反落: 日本経済新聞
“ 30日の日経平均は前日比123円98銭(0.45%)安の2万7444円17銭で終えた。今週に入ってからの2営業日で900円超上昇し、心理的な節目の2万7000円台を前日に回復していたため、高値警戒感を受けた利益確定売りが優勢だった。”
>日経平均 3日ぶり反落
2020年12月30日 15:15 日経
2020年最終日の取引では、日経平均は反落となったものの約30年ぶりの高値をつけて引けた。今年はコロナにより、大幅下落、反発とあったが、まだまだコロナは収束の気配がない。来年も色々とありそうな相場だ。
日経平均3日ぶり反落 終値123円安 高値警戒感で売り:
午前終値155円安 利益確定売り: 日本経済新聞

>「日経平均のこれまでの上昇は一部の値がさ株が主導しており、物色の裾野が広がらないと今後は上値が重くなりやすい」(国内証券)との声
午前終値155円安 利益確定売り: 日本経済新聞
下げ幅一時160円 高値警戒、円高も重荷日経
日経平均は今週に入って900円超上げていた。上昇の速さから高値警戒感が意識されやすくなり、一旦株を売却し利益を確定する動き。外国為替市場で円相場がやや円高・ドル安方向に振れている事も下押し材料となっている。
日経の記事ってピントずれてるよね。
昨日爆上げしたんだから、今日は利確売りに決まってる。
上がったら、下がるんだよ。
バーカ。

 下げ幅一時160円 高値警戒、円高も重荷: 日本経済新聞
日経平均反落下げ幅一時160円高値警戒、円高も重荷(日経新聞)
日経平均、反落で始まる 利益確定売り 一時100円超安:
以上
 
PR
PR