TOP > スポーツ > 新型コロナ: 五輪観客向けは「神アプリ」か、COCOAの二の舞いか: 日本経済新聞

新型コロナ: 五輪観客向けは「神アプリ」か、COCOAの二の舞いか: 日本経済新聞

14コメント 2021-03-01 03:53  日本経済新聞

政府は海外から訪れる東京五輪・パラリンピック関係者の健康を管理するスマートフォンアプリの開発を急いでいる。名称は「オリンピック・パラリンピック観客等向けアプリ(仮称)」。大会期間中の新型コロナウイルス...

ツイッターのコメント(14)

五輪観客向けは「神アプリ」か、COCOAの二の舞いか

・自国でビザ申請時にインストール
・14日間の健康状態チェック
・移動情報(位置情報)確認
・生体認証登録(顔認証)必要
・COCOAとの連携機能 
・他

これをクラウドで政府が管理。

本当に機能するの?これっ。
2021年3月1日
”政府は海外から訪れる東京五輪・パラリンピック関係者の健康を管理するスマートフォンアプリの開発を急いでいる”
「オリンピック・パラリンピック観客等向けアプリ(仮称)」
”1月に開発を始め、リリースは6月の予定”
世界中から集まってくる黒い元気玉
もしくは、
マトリックスまがいな輩への招待状にしかw
終わらない開発、デスワークの見本市になってないか心配してしまう…開発関係者の皆さんは無事でいてほしい…

新型コロナ:五輪観客向けは「神アプリ」か、COCOAの二の舞いか:
「あらゆる運用に耐えられるような機能を作り込んでいる」
...これダメなやつだ。
ネーミングが悪すぎる
〉アプリの設計が1月に始まり、3月初旬にはテストを始め、6月にリリースする。

始まりが遅い。
五輪観客向け「神アプリ」か、COCOAの二の舞いか:

失敗する要因しかないな
五輪観客向け「神アプリ」か、COCOAの二の舞いか: 日本経済新聞
五輪観客向け「神アプリ」か、COCOAの二の舞いか (日本経済新聞)
「アプリの開発費用はクラウド基盤とサポートセンターの構築を含めて約73億円。担当するのはNTTコミュニケーションズと数社で構成するコンソーシアム」新型コロナ:五輪観客向け「神アプリ」か、COCOAの二の舞いか:
もういい加減にして欲しい😱

“”アプリの開発費用はクラウド基盤とサポートセンターの構築を含めて約73億円。担当するのはNTTコミュニケーションズと数社で構成するコンソーシアムで、一般競争入札を経て受注した。“”

五輪観客向け、COCOAの二の舞いか:
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR