トヨタ、燃料電池車「ミライ」新型発売 航続850キロに: 日本経済新聞

日本経済新聞の電子版。日経や日経BPの提供する経済、企業、国際、政治、マーケット、情報・通信、社会など各分野のニュース。ビジネス、マネー、IT、スポーツ、住宅、キャリアなどの専門情報も満載。

ツイッターのコメント(65)

得意とするハイブリッド車(HV)に加えてFCVでも存在感を高める。
トヨタのフルスイングかぁ…
車🚗も変わったなぁ〜技術の進化 人間ってすごいね😁
ん~710万円 既に500人から受注があるとか。
同価格ならレクサスの方がいいなぁ
水素ステーション探すの大変そう
YouTubeで自動車評論家の試乗動画見たけど、下手するとレクサスLSより乗り心地いいって言うとるな。外見もカッコいいし、あとはインフラ(水素ステーションの数)やな☹️
日本において電気自動車と並ぶもう一つの選択肢になるか。
というか初代の発表から6年も経っていたのか。
航続850キロに:日本経済新聞


ほじょきんかつよーで570まん…(白目
このタイミングでTOYOTAが発売するってコトは、日本車は燃料電池車に大きく舵を切ったというコトだろう。
🌳🌳🌳🚐🌳🌳🌳
走れば走るほど空気を綺麗にするらしい!凄い!👏😎
プリウスみが消えてテスラみたいになってる
実質570万ってすごくね?
水素ステーションが十分にある特殊な立地に住んでないと買えなそうだけど…
すっかり存在を忘れそうになるけど、電気自動車で不安なバッテリの劣化とか充電スピードの問題が無いことを考えると、FCVは良さそうよね。水素ステーションがどれだけあるかは知らんけど -  航続850キロに:日本経済新聞
 
PR
PR