TOP > 社会 > 日本郵船、鉄道で車を大規模輸送 CO2排出半減: 日本経済新聞

日本郵船、鉄道で車を大規模輸送 CO2排出半減: 日本経済新聞

54コメント 2021-01-14 18:05  日本経済新聞

日本郵船は2021年から、日本製自動車の海外輸送の一部ルートを船と比べて二酸化炭素(CO2)の排出が少ない鉄道に切り替える。中国大陸を横断する列車を使い欧州地域に車を運ぶ。各国でCO2の排出削減徹底が...

ツイッターのコメント(54)

日本郵船、海運会社なのに鉄道輸送へ

・海外輸送ルートの一部で鉄道を利用
・鉄道のCO2排出量は船のおよそ半分
・脱炭素の流れで鉄道輸送が増加中

CO2排出量で比較すると船は鉄道の2倍、飛行機は5倍程度あるようです。鉄道がここまで環境負荷が軽いのは初めて知りました。
日本郵船がチャイナランドブリッジの鉄道利用。CO2削減が狙い。船会社はこれから燃費の悪い老朽船を水素やアンモニア燃料船へ置き換えが必要ですが、時間と費用からつなぎってことですね。
“日本郵船は2021年から、日本製自動車の海外輸送の一部ルートを船と比べて二酸化炭素(CO2)の排出が少ない鉄道に切り替える。中国大陸を横断する列車を使い欧州地域に車を運ぶ。各国でCO2の排出削減徹底が進むなか、…重油エンジンを使う船の活用を減らす。の流れ…”
シベリアじゃなく中国ルートの鉄道使うのか。輸送時間もCO2も半減の計算と。昔の貨物列車みたいな長蛇かな?>
カートレインかと思ったら輸出車を陸路で貨物輸送しようってのか!
#自動車輸送
#鉄道
日本郵船は日本製自動車の海外輸送の一部ルートを船と比べて二酸化炭素(CO2)の排出が少ない鉄道に切り替える。中国大陸を横断する列車を使い欧州地域に車を運ぶ。各国でCO2の排出削減徹底が進むなか船の活用を減らす。
中国を鉄道とはスケール
一文で3つの輸送手段入ってるのエモい!
陸路の方が削減できるんですね。
これじゃNYK PCTCの船腹量は減るよなー
風力 or 太陽光で動くPCTCの開発が不可避
自動車物流事業に力を入れそれにおける収益の安定化を目指しているが、
船の時よりも一度に輸送出来る数が減少する為よりコストがかかる。よって、鉄道での輸送により納車日の早期化が可能となることを踏まえ輸送の受注件数の増加が見込めているということなのだろうか。
これを日本郵船がやるという発想の転換がスゴい!
中欧班列で日本車を輸送との由。中国鉄路は「物資適合輸送」にめちゃくちゃ力を入れていて、完成品自動車輸送も一連のパッケージを持っているので、船社はいいところに目を付けたと思う。
鉄道での輸送は電化されているのかな、ディーゼルエンジンなら意味がない
「鉄道は船に比べ輸送量あたりのCO2排出量が4~5割少ない」へー、そうなんか、大陸横断の距離でも鉄路が商業ベースに乗るとは、意外やなぁ。となると、ベーリング海峡下の海底トンネルで米露間を結ぶ構想も現実味を帯びてくる。
SDGs実現には例えばこのように中国の一帯一路に沿うプランも今後増えていくことになるでしょう。海上輸送会社が、鉄道を使った国際複合輸送に大きく乗り出すのですから、ある意味のdisruptive な改革と言えます。
ふ〜ん。郵船なのに?
日経▶︎ 日本郵船は2021年から、日本製自動車の海外輸送の一部ルートを船と比べて二酸化炭素(CO2)の排出が少ない鉄道に切り替える。中国大陸を横断する列車を使い欧州地域に車を運ぶ。各国でCO2の排出削減徹底が進…
脱炭素 なぜか中国 もうけます!
 中国鉄道 売上伸ばし!

『中国大陸を横断する列車を使い欧州地域に車を運ぶ』

日本郵船
鉄道で車を大規模輸送
すごいな中国にどんどんお金が落ちるシステムってことね。わかりやすいね。国有企業はやることが違います♪
ESGリスク(対応事例)

輸送時間が短縮化されCO2排出量も減る一石二鳥の構図。

ただし、なんだかアピール合戦になってきた感も否めない。
引用「鉄道は1度に輸送できる台数が限られるが、船で8週間かかっていた輸送時間を4週間に短縮できる。CO2排出も半分に抑えることができるという。荷主に求める輸送費は船の利用時と同等にする」←何で今まで取り組まなかったの?
郵船、船辞めるってよ
鉄道は船に比べ輸送量あたりのCO2排出量が4~5割少ない

日本通運が中国と欧州とを結ぶ鉄道貨物の取扱量を21年に約2倍に増やす
"脱炭素の流れが物流のあり方を変え始めている"

いろいろ考えたり工夫をすれば、脱酸素を可能にする方法がたくさんありそうです。

#脱酸素 #CO2 #環境
海運会社が鉄道で自動車を運ぶのね😃
大型船より鉄道の方がCO2排出少ないの?本当か?大型船の方が一度に運べる量は多そうだけども
政府が50年に国内の温暖化ガス排出を実質ゼロにすることを表明したことで、運輸業界も欧州や中東への輸送に中国の鉄道を使うところが増えてきています。
運輸も自動車のバッテリーも中国依存が高まりそうですね..
輸送時間の削減で炭素排出量減少
輸送量の減少確保は?
輸送リスクの削減は?
政治情勢のリスクは?

日本経済新聞
「日本から中国の大連に船で自動車を運び、その後は中国の鉄道でカザフスタンのアルティンコルまで5000キロメートルの距離を専用列車で輸送」「船で8週間かかっていた輸送時間を4週間に短縮」→
今日買い増しー⛴でも上げる材料ではないか☺️
脱炭素の目的ってこれなのか?
中共の鉄道を利用するためなのか?
これは結構びっくり😲
脱炭素が、中国が一帯一路構想で構築した中欧鉄道の利用にもつながるのか。
コロナ禍ニュースばかり目立っているけど、世界的な環境対策トレンドで、いろんなところでビジネス形態が変わろうとしている。
船で8週間かかっていた輸送時間を4週間に短縮できる。CO2排出も半分に抑えることができるという。荷主に求める輸送費は船の利用時と同等にする。
日本郵船🚢が鉄道🛤で車🚗を輸送
>日本から中国の大連に船で自動車を運び、その後は中国の鉄道でカザフスタンのアルティンコルまで5000キロメートルの距離を専用列車で輸送する。船で8週間かかっていた輸送時間を4週間に短縮できる。
さらばシベリア鉄道
船より鉄道がエコになるんだなぁ。
"自動車の海外輸送の一部ルートを船と比べて二酸化炭素(CO2)の排出が少ない鉄道に切り替える。中国大陸を横断する列車を使い欧州地域に車を運ぶ"

日本郵鉄?

全ての脱炭素利権は中国🇨🇳に続く。
グレタもお花畑高校生達も全て中国🇨🇳に続く。

年間の輸出総量からすると微々たる量だろうけど、地球温暖化盲信者にはうんざりするわ。
船の会社なのにすごい勇気
>中国大陸を横断する列車を使い欧州地域に車を運ぶ。各国でCO2の排出削減徹底が進むなか、対策に積極的な荷主を取り込むため重油エンジンを使う船の活用を減らす。

シルクロードがカーロードに
「日本から中国の大連に船で自動車を運び、その後は中国の鉄道でカザフスタンのアルティンコルまで5000キロメートルの距離を専用列車で輸送」「船で8週間かかっていた輸送時間を4週間に短縮」「CO2排出も半分に」
何時代を逆行しているんだと思ったら日本ではなく海外の話だった
《 CO2排出半減:日本経済新聞》
たったの2%でしょ?え?しかも、中国を通る?何考えてるんだろ?
たくさん運べて効率が良さそうな船だけど、トンキロあたりの炭素排出だと実は環境負荷が鉄道の倍くらいあるのって直感に反する(インフラまで含めたコストや電気の構成でまた変わりそう)
脱炭素化、なんだかんだチマチマとやってるイメージだったけどこれは影響大きいだろうな
「船」の会社が「自動車」を「鉄道」で輸送するのか……
これは良いと思います
日本じゃない、解散
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR