営業秘密の不正取得最多に 企業の持ち出し対策急務: 日本経済新聞

企業の営業秘密を不正に取得して持ち出すケースが後を絶たない。2020年に警察が不正競争防止法違反で検挙した事件は計22件(38人)となり、ともに過去最多を更新した。従業員の情報持ち出しに対する企業側の...

ツイッターのコメント(11)

2020年に警察が不正競争防止法違反で検挙した事件は計22件(38人)、ともに過去最多を更新。情報処理推進機構(IPA)が実施した営業秘密の管理状況に関する20年調査では、回答した2175社のうち、情報漏洩があった企業で最も多かった原因が「退職者による持ち出し」で36.3%。
その現場で働いてるのだから不可能。社員を大切にする終身雇用と外部持ち出しその場で処刑でもしないと無理。
労働に見合う対価がなければ無理!
クライアントのところにも、情報提供を促すような誘惑メールが結構届いているようです。技術系で退職間近な人は特に狙われやすいので、ご注意を。
不正競争防止法違反(営業秘密侵害罪)で摘発されるケースが増えてるのだな! →
可視化が進む事によって増えたケースね。
転職の際、個人で蓄積したノウハウは残したい気はするけど、基準に引っかかるとお縄になる危険性もあるので要注意か
企業の持ち出し対策急務:日本経済新聞
積水化学工業の元社員が自社技術の機密情報を中国企業に漏らした、大阪府警に書類送検

あなたが研究している技術について教えてほしい」。中国企業からのこんな誘い文句が発端となり、情報交換を持ちかけられるうちに社内情報を流出させていたという。
営業秘密の不正取得、過去最多に 企業側の持ち出し対策急務: 今の時代は対策できないよ。在宅勤務やリモートになったら余計に無理。それこそリモートの向こうで誰が聞いてるかも分からないし録音だって自由自在。危なっかしくて迂闊な事はできないね。
営業秘密の不正取得、過去最多に 企業側の持ち出し対策急務:
営業秘密の不正取得、過去最多に企業側の持ち出し対策急務(日経新聞)
以上
 
PR
PR