TOP > 社会 > 新型コロナ: 感染抑制に地域格差 関西指標クリア、首都圏は再増加も: 日本経済新聞

新型コロナ: 感染抑制に地域格差 関西指標クリア、首都圏は再増加も: 日本経済新聞

31コメント 2021-02-23 22:04  日本経済新聞

関西3府県と愛知県が23日、緊急事態宣言の前倒し解除を国に求めた。いずれも新型コロナウイルスの感染状況を判断する6指標すべてで「ステージ3」以下となり、政府が掲げる宣言解除の目安はクリアしている。一方...

ツイッターのコメント(31)

「宣言は多くの犠牲を伴うが、感染を抑え、医療崩壊を逃れる状況になった」。大阪府の吉村洋文知事は23日、西村康稔経済財政・再生相とオンラインで協議後、記者団にこう訴えた。
パネル設置等飲食店の徹底対策とPCR検査拡充(倉持医師 #とくダネ )、補償の充実。小池都知事の説教ばかりではダメ。

「不安要素の一つが20~30代の感染者数が再び増加に転じたことだ。東京都は21日までの1週間の20~30代の新規感染者数は911人と前週比27人増えた」
「首都圏では期限の3月7日に宣言を解除できるかどうかも予断を許さない。不安要素の一つが20~30代の感染者数が再び増加に転じたことだ。」
... 確認が相次ぐ変異ウイルスへ対応するため感染者数のさらなる抑制を求める声も少なくない。24日には新型コロナ対策を助言する厚生労働省の専門 ...
外出が増えれば感染者も増える。シンプル。
反維新の方々にとって目を背けたくなるような残念なニュースですねえ
首都圏、7日に解除しない可能性もあるのかあ…
小池さんヤキモキしてたもんなぁ
首都圏は厳しいかもな。島根は聖火リレー中止だろうな。
2021年2月23日 22:00 (2021年2月24日 5:20更新)
【2021/02/24 - 05:20更新 日経】
首都圏は新規感染者数が下げ止まり、一部で増加に転じるなど予断を許さない状況が続く。
何とも言えない、もうすぐお花見シーズンだし、第4波もそろそろいらっしゃい
〜じゃないだろうか?避けられない鬼門である。今の菅総理もだけど、次の総理は何方かしら?後2年も貧乏くじ、誰が総理になっても同じく大変だろう。
首都圏では期限の3月7日に宣言を解除できるかどうかも予断を許さない。不安要素の一つが20~30代の感染者数が再び増加に転じたことだ。
→メリハリのない政策による。
千葉県赤っ
へー…関東は20代から30代の感染者、また増加してるんだ…
3月7日から、また再延長もあるかもだって…
関西指標クリア
首都圏は再増加も
日本も及第点とは言えないが、アメリカじゃ死者が50万人超えた様。米国の戦死者2次大戦30万、ベトナム戦5万。それら遥か上回り南北戦争60万人に迫るか。トランプによる人災だろう
まぁ、そんなに急がなくても良いと思うけどねぇ...
千葉県は増減率1.17か。
東京都は20-30代の感染者数が増加に転じた…と。
解除後また増えるな。

Reading:
関西指標クリア、首都圏は再増加も(日経)

関西3府県と愛知県が23日、緊急事態宣言の前倒し解除を国に求めた。いずれも感染状況を判断する6指標すべてで「ステージ3」以下と、政府が掲げる宣言解除の目安はクリアしている。
ーー東京はじめ首都圏は…。
関西指標クリア、首都圏は再増加も:日本経済新聞
📍感染抑制、地域で格差 首都圏は減少幅鈍化 (日本経済新聞)|出所

📝記者の質問に答える西村経財相(左)と吉村大阪府知事(ともに23日)関西3府県と愛知県が23日、緊急事態宣言の前倒し解除を国に求めた。いずれも新型コロナウイルスの感染状況を判断する6指標すべ…
10万人あたり20人前後😌
%だと…笑
っての今更だけど
増減何十%とか.何倍って言うと凄い過大に感じる笑
言葉のマジック😆
感染抑制に地域格差関西指標クリア、首都圏は再増加も(日経新聞)
感染抑制、地域で格差 首都圏は減少幅鈍化:
感染抑制、地域で格差 首都圏は減少幅鈍化
[経済 新型コロナ22:00]
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR