TOP > 社会 > 安野光雅さん死去 画家「ふしぎなえ」: 日本経済新聞

安野光雅さん死去 画家「ふしぎなえ」: 日本経済新聞

25コメント 2021-01-16 13:48  日本経済新聞

空想的な絵本や幻想的な風景画で親しまれた画家の安野光雅(あんの・みつまさ)さんが2020年12月24日に肝硬変のため死去していたことが16日、分かった。94歳だった。告別式は親族で行った。島根県出身。...

ツイッターのコメント(25)

多くの素晴らしい作品をのこしてくださいました。
うまれてはじめて好きになった絵本が だったなー。
ずっと っていってたけど。
なんどみてもこたえがみつからなくて、大好きだった(* ˘ ³˘)♡*
サンタクロースのふくろのなか
先日読み聞かせたばかり、、
いろいろ読んでみたい📚
安野さんの絵には子供の事からずいぶんと親しんできました。
ご冥福をお祈りいたします。
安野光雅さんの絵本、大好きです…
山口県に所縁のある方
また一人亡くなられた

住んでいて、興味を持ってみると
意外な多くの有名な方々がかつて住んでいたりする
芸術、歴史、どっちにも縁の深い地なんだなと思う
ご冥福を。/
14日に絵本を注文したばかりでした。安らかに…🍀
安野光雅さんの絵本『ふしぎなえ』を喫茶店で初めて見たときの、新鮮な感動を思い出します。おかげで後にエッシャーにどっぷりハマりました。

ご冥福をお祈りします。
ショック…
「旅の絵本」が好きだった。
もっともっと緻密で不思議で楽しい作品が見たかった。
素敵な絵本をありがとうごさいました。
ご冥福をお祈りいたします。
安野光雅さんの絵本で幼少期を過ごしたと言っても過言ではないほど、親しんできました。近年では旅の絵本シリーズでも。寂しい。
あいうえおの本とかすうがくの絵本とか好きでした
合掌
安野さんの描く風景画は、風の音が聞こえるようなものばかりで好きだから ちょっと淋しい。

 画家「ふしぎなえ」:日本経済新聞
お悔やみ申し上げます。
筑摩書房の文庫が出た頃かな。だいすきな本の表紙は安野先生という時期があって刊行を楽しみにして居たのを思い出します。
悲しいな、本当に悲しい。
夫さんとつきあい始めの頃、2人ともファンなのが分かってすごく盛り上がったんだよなあ。
津和野の美術館も2人で行ったけどとても素敵だった。コロナが落ち着いたら今度は3人で行きたいな。
安野さんの絵本は子どもの時から大好きだったなぁ。ご冥福をお祈りします。
安野先生、こどもの頃から、『あいうえおの本』大好きでした。合掌
ご冥福をお祈りいたします🙏
たくさんの素敵な絵をありがとうございました🙏
安野さんお亡くなりに…。あなたの絵本で育った私は幸せでした。
安野光雅さん、めっちゃくちゃ細かい俯瞰の風景画、爽やかで好きだったなあ…
寂しいです。数えきれないくらいの素晴らしい作品をありがとうございました。
ああ、僕のヒーローが。。。
大変お世話になりました。
森毅先生との数学の本や旅の本は、何回も何十回も見てきました。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR