JASRACの著作権料徴収認める 音楽教室訴訟で知財高裁: 日本経済新聞

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権使用料を徴収すると決めたのは不当として、音楽教室を運営する約250事業者がJASRACに徴収権限がないことの確認を求めた訴訟の控訴審判決で、知財高...

ツイッターのコメント(58)

音楽教室著作権訴訟で知財高裁 素人的には「レッスンを受ける不特定多数の生徒は「公衆」と認定」に違和感があるな。法律用語と日常用ごとでは違いがあるから(例:善意の第三者)、法律用語的には違和感が無いのかもしれないけど。
この記事によると
「生徒の演奏は徴収に聴かせる目的ではない」
と認定されると徴収額が変わる(減る)ためJASRACは不満みたい


JASRACは現在、使用料を年間契約の場合で受講料収入の最大2.5%としており、判決が確定すれば利率の見直しを迫られる可能性がある
音楽教室での教師の演奏が公衆に聞かせる目的???一般人の感覚からすると腑に落ちない。
練習中の生徒には負担義務なしという、よりマシな判決に。著作権料分配は今まで包括契約でどんぶり勘定だったが、ストリーミングにより再生回数も把握でき1円単位まできちんと支払うようになるのか? - 音楽教室著作権訴訟で知財高裁: 日本経済新聞
ふむふむ、1審から一部変更ですか。

 音楽教室著作権訴訟で知財高裁: 日本経済新聞
日経だけかな。ポジティブな見出し。|JASRACの著作権料徴収認める 音楽教室訴訟で知財高裁
教師の演奏は聞かせてるから聴取、生徒は練習だからNoは腑に落ちるけど発表会とかあるしどうなんだろうな

 音楽教室著作権訴訟で知財高裁:日本経済新聞
こちらは日経。こちらも最初はミスリーディングな見出しだった。
日経の見出しだとだいぶ印象違いますね。一審から判断がひっくり返ったのは生徒の演奏のみで、教師の演奏は徴収できるという結論のままだから、こういう見出しになったのかな。

JASRACの著作権料徴収認める 音楽教室訴訟で知財高裁:
音楽系ユーチューバー死ぬの?
 
PR
PR