TOP > 政治・経済 > 電力需要増やす脱ガソリン車、立ちはだかる電源の壁: 日本経済新聞

電力需要増やす脱ガソリン車、立ちはだかる電源の壁: 日本経済新聞

15コメント 2021-01-20 12:06  日本経済新聞

菅義偉首相は18日の施政方針演説で、すべての新車販売を電動車へと切り替える時期を「2035年まで」と明言した。目標達成には多くの課題があるが、温暖化ガスの排出が少ないクリーンな電源をどう確保するかもそ...

ツイッターのコメント(15)

「電気自動車(EV)のほうが製造時のCO2のインパクトが大きい」。昨年9月、経済産業省との検討会で、トヨタで環境技術分野を担当する寺師茂樹取締役はこう強調した
サプライヤーを含む生産の脱炭素化が進まなければ欧米への輸出が阻害される
安価な再生エネが課題
脱・マイカー時代が来ると思う。
どうするのだろう?

『政府が目指す脱ガソリン車の動きが進めば「電力需要は5~10%増える見通しだ』
⚡🚗完全EV化の前段としてハイブリッド車による燃費向上の効果を考えるべきなのでは?議論が飛び過ぎな感じを受ける🤔
◾️
脱ガソリン車の動きが進めば「電力需要は5~10%増える見通し」
✔︎EVのほうが製造時のCO2のインパクトが大
✔︎総電力需要のうち、輸送部門の割合は今の数%から10~15%に上昇
✔︎EV移行に伴う電力需要に対し、温暖化ガス排出を抑えた電源の確保が各国共通の課題
日本でわざわざHV、PHVを無くすことは非現実的であるし、唯一の強みが無くなった日本の向かうべき道はどこなのだろうか
菅さんには是非scope1-3トータルでの排出量を考え直して欲しいところ
確かに何か矛盾があるのは分かる。
が、そっち向いた世界、なのでそっち向かないと生き残れない。何とかしなよ。
各論は間違ってはいないのだが、そこから導かれる総論がご都合主義に見える。
脱炭素化で温暖化ガスを削減するのは既定路線になりました。

再生可能エネルギー電力の供給率によって地域毎に税率を変えてはどうでしょう?
今まで通りの生活では環境に悪いので、どうしても現状維持が必要なら、税の差額分を利用して環境を守るイメージです。
ほらさすが、トヨタ「電源をどう確保するか」。送電網も強化が必要なのではないだろうか??
トヨタ社長が電動化車両について文句付けたのが昨年12/17の会見。
トヨタの株価は12/17高値8045円で7646円、その間日経平均は2000円上昇。
理屈はその通りだが、今のままでは間違いなくガラパゴス化。
残念ながら本質は電力でも二酸化炭素でも無いんだな。
政府が目指す脱ガソリン車の動きが進めば「電力需要は5~10%増える見通しだ」とみる。「総電力需要のうち、今は数%にとどまる輸送部門の割合は10~15%になるだろう」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR