TOP > 社会 > 新型コロナ: コロナ病床、日本は英米の1割どまり 病院間の連携不足: 日本経済新聞

新型コロナ: コロナ病床、日本は英米の1割どまり 病院間の連携不足: 日本経済新聞

112コメント 2021-02-23 00:51  日本経済新聞

国内で新型コロナウイルスの患者を受け入れる病床の割合が欧米の10分の1以下にとどまることが分かった。全病床に占めるコロナ病床の割合は1月下旬時点で0.87%と、英国の22.5%や米国の11.2%に比べ...

ツイッターのコメント(112)

今朝のモーサテでも報じていたけれど、このことはもっと報道すべきだと思う。

- 日経新聞
人手や設備が手厚い85の「特定機能病院」でも1月初旬時点で重症患者が5人未満の病院が62もあった。←これで医療逼迫ってのはニッポン凄い!
連携不足は分かるけど、5種相当で陽性者が出たらフロアを閉鎖しなきゃいけないし、医者が高齢化していて高リスクだし、都市部に病院が集中していて減らす話すらあるしで、開業医からすると一瞬だけ需要が高くなったからと言ってホイホイ対応できる話じゃないと思う。
そもそもの特措法の成り立ちを考えると使えない罰則を設けるよりも病床確保に強制力をもたせるべき
やっぱりそうじゃねーか!
医療体制がーって騒いでるのは単純に自分たちの都合だけで、やりたいことだけやってるからだろ

なんでそこに赤字補填しなきゃならねーんだよ
連携することがすべての民間病院にとって利益を生む、あるいは少なくとも利益を減らさないような仕組みを作ることが大事だ。
英米はそのぶん通常診療を縮退しているわけで、平常通りの診療ができないイコール医療崩壊と捉えていない
「全病床に占めるコロナ病床の割合は1月下旬時点で0.87%と、英国の22.5%や米国の11.2%に比べ桁違い…
新型コロナ:
いろんな力関係の綱引き状態…ですね

事情を知る程に複雑な事がわかります

信長クラスの器量と剛腕があれば…
ふむふむ -> "全病床に占めるコロナ病床の割合は1月下旬時点で0.87%と、英国の22.5%や米国の11.2%に比べ桁違いに少ない"
医療体制の問題を改善せず、いつまでも医療逼迫と国民を脅す首長達は選挙しか頭にないのかな?
これ、本当になんとかならないんでしょうか。
特措法で真っ先に優先して整備すべきなのでは。
“”全病床に占めるコロナ病床割合は1月下旬時点で0.87%と、英国22.5%や米国11.2%に比べ桁違いに少ない。

平時から医療機関の連携が密な海外と違い、日本は病院間の役割分担が不明確で柔軟に病床を確保できない実態。“”
町医者だけが得をする医療システムを作り上げ、それを世界有数の医療システムだと一般市民に思い込ませてきた行政、医師会、マスコミの罪は重い。
>コロナ病床の割合は1月下旬時点で0.87%
>田村憲久厚生労働相は「(平時から)地域医療計画に盛り込み準備、訓練しておくべきだった」と反省する。

散々言われてたのに反省って…😩
「国内で新型コロナウイルスの患者を受け入れる病床の割合が欧米の10分の1以下にとどまることが分かった。全病床に占めるコロナ病床の割合は1月下旬時点で0.87%と、英国の22.5%や米国の11.2%に比べ桁違いに少ない」
病床逼迫による緊急事態宣言の継続は拒否だな。
何やってんだこの国🥱
良記事。
話は逸れるが、問題と向き合う田村厚労大臣で良かったと思うことが多々ある。
休業支援金の件にしても、大臣の主張は意見の違いだけで、道理は通っている訳で

>田村憲久厚生労働相は「(平時から)地域医療計画に盛り込み準備、訓練しておくべきだった」と反省する
何かと言えば、医療従事者に感謝などと戦争中の「兵隊さんありがとう」みたいに礼賛しているが、実態は民間病院のほとんどが非協力的。どっかの医師会長が「医療崩壊をするからもっと自粛せよ」と偉そうに言っていたが、その前に受け入れ病院を増やせよ。
おい!!

医師会「コロナ病床の割合は0.87%、英米の10分の1以下です。医療崩壊するので皆さん自粛して下さい」
医療関係を統括してる省庁はどこだっけ?
民間企業でマスコミからこんな指摘受けたら・・・。
いいなぁ、お役所って
教訓を活かして次のコロナのときは自粛だけで乗り切るのはやめてほしいなぁ
“公立病院の多くがコロナ患者を受け入れているのに対し、民間の受け入れは3割弱にとどまる実態もある。”
改善すべきは改善すべきなんだけど、何万人何十万人亡くなっている国と比較されても。
そもそも患者数が桁違いだから、比率は下がって当たり前。けど、病院間連携の障害なんかはマスコミの影響も大きいよ。噂が立って患者が来なくなるとか不通に有ったし。
ただシステム面はカルテのやり取り含め、日本は旧態依然としてるよね。そこは要改善。
やっとまともな記事が書けるようになった日本不経済新聞
病床率0.87%で医療崩壊ガーでセルフ経済制裁、、、あのさぁ
観光と飲食犠牲にして守る町医者制度、
収束後、制度税の配分見直そうず(激怒)
> 全病床に占めるコロナ病床の割合は1月下旬時点で0.87%と、英国の22.5%や米国の11.2%に比べ桁違いに少ない。

日本は超高齢化社会なのに少ないね。

この割合で感染拡大し始めて「医療崩壊目前です。自粛して!」と言われても、ぶっちゃけ、納得しにくいよなあ。
政権だけでなく、日本医師会もポンコツだった。
頼りにならないエリートたち。
「全病床に占めるコロナ病床の割合は1月下旬時点で0.87%と、英国の22.5%や米国の11.2%に比べ桁違いに少ない」。◆

医師会はじめ ”医療関係者” が、どう「人員が〜」とか理屈こねようと、この状況はダメでしょ流石に。
重症者の発生数は英米の1/100とか1/1000ってレベルじゃなかったっけ?
この差はなんだよ!英は全病室の2割強がコロナに使えるんだとか。
安倍さんが辞任と引き換えに話をつけた指定感染症の見直しを現政権が行わず2類相当のままなので当たり前です。速攻埋まるベッド数で医療逼迫とかアホか?アホ以下か。
日本の病院老人多いだろうしやたらめったら入院させられないってのもありそうだが

あと、欧米と感染者数が文字通り桁違いだから一部の病院には申し訳ないが今回はこれで良かったのでは。
日本は世界一の病床数を持っていて、この有様。厚労省は何をやってるんだ?!これで医療崩壊とか騒いでおかしいだろう。
地域医療再生基金は何に使っちゃったの?:
今日の記事
全病床に占めるコロナ病床の割合。

日本0.87%
英国22.5%
米国11.2%

引用「平時から医療機関の連携が密な海外と違い、日本は病院間の役割分担が不明確で柔軟に病床を確保できない実態が浮かぶ。」

コロナ病床、日本は英米の1割どまり、
医療の切迫笑とは?
医療保険制度の関係もあり、開業個人医が多いということもあるね。
英国は優秀だな〜
ドイツのデータが無いが、たぶん優秀なのかな?
NY州は「Surge & Flex」という仕組みで州内の病院の負荷分散を実現している。
日本は、付け焼き刃の手しか打てていない。
緊急事態宣言が長引く理由はおそらくコロナ病床が理由なんだろう。
ワクチンはまだ行き渡ってないし、第4波も可能性があるのだから増やして欲しいし、コロナ以外にも使えるのだから制度も整えて欲しい。 /
医療従事者の方々には感謝しかないけど、この状況で医療崩壊が叫ばれたのは構造がおかしすぎる。ここが解決してれば基本的に高齢者しかリスクがない感染症でここまで(は)経済を犠牲にする必要もなかった、とも言える。
病院の収支とか色々あんねんで。あと、日本の感染者数とか重症化率とか死亡率考えたら、決して他国に見劣りはしないのではないかと思うのだけれども。
診療所と病院の連携すら最近ドアをこじ開け始めたところなのに英米みたいにすぐできるわけ無いやろ。あっちはもう何年やってると思ってんの。(´・ω・ `)保険点数下げて規制して、今まで部分最適に丸投げしてたやん
今まで1年間以上、何やってたのか?「民間は院内感染リスクなど経営への影響を懸念する」>
いつでも風評被害がつきまとう。

新型コロナ:
旧態然とした医師会や病院経営の弊害を放置したまま、医療は聖域だ、医療従事者のことを考えろと連呼しても、市民感情はそれに応じることはないだろう。

結局、コロナに乗じて医療利権を拡大しただけ
もっと見る (残り約62件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR