TOP > 社会 > 新築住宅の省エネ義務化 国交省、25年度にも: 日本経済新聞

新築住宅の省エネ義務化 国交省、25年度にも: 日本経済新聞

13コメント 2021-03-04 18:07  日本経済新聞

国土交通省は2025年度にも、新築住宅について省エネルギー基準の適合を義務付ける方針だ。21年度からは中規模のオフィスビルなどの義務化が始まるが、個人の住宅は省エネ性能に関する説明義務にとどまる。政府...

ツイッターのコメント(13)

断熱等級4への適合義務化です!とかだったら吉本新喜劇ばりに大コケしよう。
新築住宅の省エネ義務化、国交省が25年度にも】
21年度からは中規模のオフィスビルなどの義務化が始まる見込み。
国交省は4月に検討会を設置し夏ごろに方向性をとりまとめるとのこと。
国交省が新築住宅の省エネ義務化を25年度にも導入することを検討しているようです。義務化された場合は省エネ基準を満たした建物や設備の導入が求められる見込みです。
今度こそは義務化してほしい!

とはいえ、日本の省エネ基準は先進国の中でかなり低いということもお忘れなく🏠
基準を満たしただけではその低い基準で建てられる最低限度の家ということに過ぎない。

施工力も性能値に大きく影響するが、まずU値で0.4程度を目指すのが吉🏘
外壁の断熱材、高断熱性の窓、高効率空調やLED照明の導入などが求められる省エネ基準を満たす新築住宅は現状7割。それを2025年度には、新築住宅はこの省エネ基準に適合することを義務化の方針。
先日の総点検タスクフォースが大きく影響しているのでしょうね。
まだまだ言いたい事は沢山ありますが、まず動き出した事を評価したいと思います!
国の求める断熱レベルなんて実質ほぼゼロコストなんですけどね
> これまではコストがかさみ、悪影響が及ぶと考える業界の反対が根強く、住宅は義務化には至っていなかった。
国交省、25年度にも
「戸建て住宅だけでなくマンションも義務化の対象とする方針」
…うん。これ以上遅れると、まずい。灯油暖房等も早く無くさないと。断熱と同時に、寒冷地用エアコン等へ切替。リフォーム推進も。人手、足りる?
日本の新築住宅は省エネ義務基準なしだから、コンクリート打ちっぱなしでも建設可。2015年に見送られ、20年には再び見送られ、25年にできるのかな。また「やっぱり見送りまーす!」となるのかな。
新築住宅の省エネ義務化国交省、25年度にも(日経新聞)
国交省、25年度にも[有料会員限定]
[経済18:03]
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR