国家公務員の年収、会社員の1.4倍 次官は取締役並み: 日本経済新聞

国家公務員と会社員は年収の水準がどれほど違うのか。全体の平均年収でみると会社員は1990年代後半から落ち込んで元の水準まで回復していない。国家公務員は緩やかな上昇基調にある。幹部を比較すると事務次官の...

ツイッターのコメント(35)

事務次官が同期に一人なれるかどうかって言うけど、取締役はもっとなれる可能性少ないんだから、事務次官と取締役を比較して事務次官のほうが高いのなら普通に高級取りでは、、、。

国家公務員の年収、事務次官は上場企業社長の半分以下:
幹部を比較すると事務次官の年収は東証1部上場企業のヒラ取締役並みになる。

国家公務員の年収、会社員の1.4倍 次官は取締役並み:
いかに日本が資本家に甘い国か良く分かる
民間の男性と女性の間(だいたい400万円くらい)にあるのが仕事ぶりから見て妥当。障害者雇用は全くせずどの省庁も不正にまみれ国家課題は学者や団体に頼り事務処理能力はなく文書を作成せず、やばいと思えば廃棄をし忖度するだけで出世と一生の安泰を約束される人たち。
公務員給与の問題点はこう言ったところ。評価制度が機能しにくく平均的に給与が高くなってしまい次官と課長の給与差は2倍もない。メリハリした給与体系に見直すべき。また外部からの登用も必要。
稼いで税金を納める人と、税金を使う人。全く立場が異なる🤔
比較するなよ😠
意味ないから🤷‍♂️
事務次官は社長じゃないでしょ。大臣が社長。事務次官と比較するのは常務あたりがふさわしいと思う。
これは比較しちゃいかんでしょ

 上場社長の半分以下:日本経済新聞
 
PR
PR